創志学園野球部2017のメンバーと出身中学や監督!注目選手も

今回は創志学園野球部2017メンバー・出身中学・監督・注目選手を紹介したいと思います。

 

投打の柱・難波選手を中心に秋季中国大会ベスト4。

3季連続での甲子園出場となりました。

スポンサーリンク

創志学園野球部2017メンバーと出身中学

選抜高校野球2017登録メンバーと出身中学

背番号1 難波侑平 3年 操南中 岡山シニア

背番号2 藤原駿也 2年 東山中 岡山ボーイズ

背番号3 金山昌平 2年 三稜中(大阪) 住吉大和川シニア

背番号4 木村匠汰 3年 荒井中(兵庫) 全播磨硬式野球団

背番号5 岡本伊織 2年 磐梨中

背番号6 中山瞬 2年 桜ヶ丘中(鳥取) 鳥取ボーイズ

背番号7 金谷温宜 2年 桜ヶ丘中(鳥取) 鳥取ボーイズ

背番号8 山本蒼 3年 御津中(兵庫)

背番号9 西林里久 3年 平田中(大阪) ニューヤンキース

背番号10 宮崎竜成 2年 北島中(徳島) 徳島ホークス

背番号11 秋山竜彦 3年 足守中 岡山西シニア

背番号12 秋久大翔 2年 倉吉東中 鳥取ボーイズ

背番号13 小池勇輝 3年 南武庫之荘中(兵庫)

背番号14 貝原伶耶 3年 高松中

背番号15 角本昂祐 3年 網干中(兵庫)

背番号16 井上拓哉 3年 柏原中(兵庫) 氷上ボーイズ

背番号17 井上翔太 3年 川内北中(鹿児島) 川内スラッガーズ

背番号18 楠七海 3年 中道中 津山ボーイズ

学年の内訳:3年生11名、2年生7名

出身地の内訳:岡山6名、兵庫5名、鳥取3名、大阪2名、鹿児島1名、徳島1名

※大会直前にメンバー変更が行われる可能性もあります。

 

監督

長沢宏行(市立西宮→日本体育大学)

選手時代は主将として活躍するも甲子園には届きませんでした。

日体大ではソフトボールに転向し、卒業後は夙川学院高校ソフトボール部の監督に就任した異色のキャリアを持っています。

夙川学院では8度のインターハイ優勝に導き、アトランタ五輪では女子日本代表のヘッドコーチも務めました。

その後、「高校野球の監督として甲子園に出場する」という長年の夢を叶えるために神村学園野球部の監督に就任。

就任2年目に選抜出場を果たし準優勝に導きました。

その後、環太平洋大学の監督を務めた後、2010年に創志学園の初代監督として迎えられ今度は創部わずか1年で選抜出場を果たしました。

ちなみに神村学園、環太平洋大学時代の4人の教え子が現在創志学園のコーチとして活躍中。

監督の考えを熟知するコーチが多数いることで一貫した指導ができ、選手も迷いがなく野球が出来ているのかなと感じます。

スポンサーリンク

創志学園の注目選手は?

ここからは創志学園の注目選手を紹介したいと思います。

 

注目選手① 難波侑平

投打に野球センスの光る好選手。

1年春からベンチ入りし1年秋から外野手のレギュラーに。

広角に打ち分けるバットコントロールと長打力を兼ね備えています。

また新チーム以降は最速145キロを誇るエースとしても活躍中。

スライダー、スプリット、ツーシーム、ナックルカーブなど多彩な変化球を操り、打者に的を絞らせません。

甲子園でも投打に渡る活躍に注目です。

 

注目選手② 中山瞬

180cm80kgの大型内野手。

パンチ力のある打撃と強肩を活かした守備が持ち味です。

大型ショートして将来性も可能性を感じさせます。

 

こちらのページと出場校紹介と戦力分析をしています。

選抜高校野球2017出場校評価と戦力分析!優勝候補も紹介!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です