カラオケで50代男性が歌いやすい曲から定番の人気曲を紹介!

青春時代を思い返す曲って皆さんあると思います。

 

あの頃に聴いた曲は大人になっても色褪せず、ずっと心に残り続けるものです。

また年月が経った曲でも若い世代に認知されている定番曲は数多くあります。

 

そこで今回はカラオケで50代男性が歌いやすい曲から定番の人気曲を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

カラオケで50代男性が歌いやすい曲① いとしのエリー/サザンオールスターズ

1979年リリース。

 

シンプルなメロディー進行の為、非常に歌い易い楽曲。

 

ゆったりとした曲調に合わせて全体的に優しく歌いたいです。

 

ただ、やはり気になるのは楽曲の中で頻出する「エリー my love so sweet」というフレーズ。

 

言葉は全て一緒ですが、それが100%全く同じ感情なのでしょうか?

自分はそうは思いません。

「エリー超好きー!愛してる!!」とか「んーお前ちょいちょいムカつくんだけど…やっぱ好き」みたいな。笑

好きにも色んな想いの形がありますよね。

 

そういうのも意識して歌ってみても面白いと思いますよ。

 

カラオケで50代男性が歌いやすい曲② YOUNG MAN(Y.M.C.A.)/西城秀樹

1979年リリース。

体育祭や文化祭等のブラスバンドにも良く使用されており、若い世代も耳にする機会が多い楽曲ですよね。

 

ボク自身も学生時代この曲でマスゲームをやった思い出があります。

 

リズミカルでノリ易いナンバーなので、世代を越えてみんなで楽しく歌えますよ!

 

振付を交えながら歌うと更に盛り上がります。

 

カラオケで50代男性が歌いやすい曲③ 青春の影/チューリップ

1974年リリース。

結婚という道を歩み始めた男の物語です。

 

歌い方のイメージとしては語尾をフェードアウト気味に歌い、ロングトーンの箇所では大きく声を張ると情緒溢れる歌になるかなと思います。

 

また、この曲は最高音域が高めなので、高い音域が苦手な人の場合は福山雅治のカバー曲の方で歌ってみると良いですよ。

スポンサーリンク

カラオケで50代男性が歌いやすい曲④ 銀河鉄道999/ゴダイゴ

アニメの主題歌として人気ですね。

また2008年にはEXILEがカバーした事でも話題となりました。

 

カッコいいナンバーですし、選曲としてチョイスし易いと思います。

 

ただ、曲のテンポが速く、サビの英語詞は慣れるまで少し難しいかもしれません。

 

歌詞とリズムを良く覚えて、自分なりに歌い易い形を見付けてみて下さい。

 

まあ英語詞が上手くいえなくてもそれはそれど面白いですし、意外とノリでごまかせます。笑

 

カラオケで50代男性が歌いやすい曲⑤ 「いちご白書」をもう一度/バンバン

1975年リリース。

学生集会というフレーズなどに時代を凄く感じるフォークソングです。

 

今の青春とはまた違う、当時の少し複雑な情景が思い浮かぶ曲になっています。

 

憂いの想いが滲む様なイメージで歌うと哀愁を感じさせ、曲により深みが出てくるのではないでしょうか?

 

当時ならではの時代背景が強い楽曲なので、こういう曲こそ当時を知る世代の方に歌って欲しいなと思います。

 

その他

  • 恋/松山千春
  • 少年時代/井上陽水
  • 君がいるだけで/米米クラブ
  • 贈る言葉/海援隊

この辺りの曲も歌いやすいと思います。

 

【まとめ】

今回はカラオケで50代男性が歌いやすい曲から定番の人気曲を紹介しました。

  • いとしのエリー/サザンオールスターズ
  • YOUNG MAN(Y.M.C.A.)/西城秀樹
  • 青春の影/チューリップ
  • 銀河鉄道999/ゴダイゴ
  • 「いちご白書」をもう一度/バンバン

 

これらの曲がリリースされてもう数十年経ちますが、やはりいつの時代に聴いても良いものですね。

是非今回の記事を参考にカラオケで歌って頂ければ幸いです。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です