グレミオのメンバーとフォーメーション!クラブワールドカップ2017

12月開幕のクラブワールドカップ2017で、

南米王者として出場するブラジルのグレミオ。

 

ブラジル代表招集歴のある選手も多く、レベルの高いチームです。

 

今回はグレミオのメンバーとフォーメーション、注目選手について書きたいと思います。

スポンサーリンク

グレミオのメンバー

クラブワールドカップ2017のメンバー

GK

背番号1 マルセロ・グロエ

背番号30 ブルーノ・グラッシ

背番号48 パウロ・ビクトール

DF

背番号2 エジウソン

背番号3 ペドロ・ジェロメウ

背番号4 ワルテル・カンネマン

背番号12 コルテース

背番号14 ブルーノ・ロドリゴ

背番号15 ラファエル・チェレ

背番号22 ブレッサン

背番号26 マルセロ・オリベイラ

背番号88 レオ・モウラ

MF

背番号5 ミシェウ

背番号8 マイコン

背番号17 ラミーロ

背番号25 ジャイウソン

背番号28 カイオ

背番号29 アルトゥール

FW

背番号7 ルアン

背番号9 ジャエウ

背番号11 エベルトン

背番号18 ルーカス・バリオス

背番号21 フェルナンジーニョ

 

メンバーには元ドルトムントでパラグアイ代表のルーカス・バリオス、ケルンで活躍したジェロメウ、リオオリンピックで活躍したルアンなど実力者が揃います。

 

フォーメーション

グレミオのフォーメーションは4-2-3-1を基本にしています。

         バリオス

        ルアン

フェルナンジーニョ   ラミーロ

   ジャイウソン アルトゥール

コルテース       エジウソン

    ブレッサン ジェロメウ

         グロエ

スポンサーリンク

注目選手

グレミオの注目選手を紹介します。

 

アルトゥール

ブラジル国内では「新しいイニエスタ」と言われる21歳の逸材。

正確な縦パスで攻撃の起点となり、ブラジルには珍しいタイプのボランチです。

 

マンチェスターユナイテッドやバルセロナとビッククラブが関心を寄せています。

10月には代表に初招集されましたが、ロシアワールドカップのメンバー入りは難しいかもしれません。

ただ、近い将来確実にヨーロッパで活躍すると思います。

 

ルアン

リオオリンピックではネイマール、ジェズスらとともに攻撃を牽引。

3ゴールを上げて金メダル獲得に大きく貢献しました。

 

無駄のないボールコントロールで相手をいなしながら、シュートやパスの選択ができるのでディフェンスからすれば非常に厄介な選手です。

 

コパ・リベルタドーレス決勝2nd legでもゴールを上げています。

 

リヴァプールなどが関心を寄せており、アルトゥール同様にクラブワールドカップの活躍次第で更に注目を集めることになりそうです。

 

ルーカス・バリオス

ドルトムント時代は香川真司とコンビを組みブンデスリーガ優勝に貢献。

巧みなポストプレーで香川の良さをしっかり活かしてくれました。

 

ドルトムント退団後は広州恒大、スパルタクモスクワ、モンペリエ、パルメイラスと転々し、2017年からグレミオに所属しています。

 

グレミオでも足元の技術、キープ力は健在で強力な攻撃陣を支えています。

 

コルテース

スピードを活かしたプレーが持ち味の攻撃的サイドバック。

強靭なフィジカルと推進力でサイドを突破します。

 

2015~16年の2年間はアルビレックス新潟に所属し、日本のファンにも馴染み深い選手です。

 

浦和レッズにも新潟に所属していたラファエル・シルバがいるので対戦が実現すれば楽しみですね。

 

まとめ

今回はグレミオのクラブワールドカップ2017のメンバーと背番号を紹介しました。

 

ルアンやアルトゥールが今大会の活躍でどのクラブに行くか今から楽しみです。

 

その他の出場クラブのメンバーはこちらにまとめています。

北中米王者・パチューカ

パチューカのメンバーと背番号!代表選手も多い?クラブワールドカップ2017

アフリカ王者・ウィダードカサブランカ

ウィダードカサブランカのメンバーと背番号!クラブワールドカップ2017

開催国王者・アルジャジーラ

アルジャジーラのメンバーと背番号!クラブワールドカップ2017

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

E-1選手権2017結果速報と日程や放送予定!注目ポイントも紹介

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です