岩波拓也は中学MVP!性格や血液型は?リオ五輪後は海外移籍?

U-23日本代表の不動のCBとして日本をアジア王者に導いたヴィッセル神戸の岩波拓也選手。

 

リオ五輪本戦でも植田直通選手とともに活躍が期待されます。

 

そのままロシアワールドカップ行きなんてことも…。

 

今回は岩波拓也選手の中学時代、性格、血液型、海外移籍の可能性について書きたいと思います。

スポンサーリンク

岩波拓也の中学時代は?

神戸市須磨区出身の岩波選手は中学時代、ヴィッセル神戸のジュニアユースに加入。

 

中学1年生の頃はちょっとわかりませんが、2年生ではレギュラーを獲得

 

1つ先輩には呉屋大翔選手(ガンバ大阪)がいました。

 

中学3年生からはキャプテンを任されるようになり、日本クラブユース選手権大会、高円宮杯全日本ユースサッカー選手権大会の優勝に貢献

 

中学最高峰の大会での2冠なので、この世代最強チームだったといえるでしょう。

 

なお岩波選手はクラブユース選手権で大会MVPにも輝いています。

 

基本的に攻撃的な選手がMVPを獲得する場合が多いと思うので、かなりの存在感だったのではないでしょうか。

ちなみにこの大会の得点王は南野拓実選手(セレッソ大阪ジュニアユース)でした。

 

MVPと得点王を獲得した二人はU-15 日本代表にも選出され、そこから世代別代表の中心選手としてお互いに成長していきました。

性格や血液型は?

岩波選手は非常に落ち着いた性格のように見えます。

 

テレビ番組やインタビューでも冷静にしっかりと受け答えが出来ています

まだ若いのによく冷静に話せるなとただただ感心。

 

また、仲間思いの方で、怪我をした選手を気遣ったり、ユース時代の仲間を大切にする様子がツイッターでも見られます。

チームメイトの誕生日をお祝いしたり、先輩へのリスペクトの心を忘れないあたりも素晴らしい!!

 

リオ五輪最終予選韓国戦では植田選手が相手選手にひどく倒された時、つい手を出してしまいました。

審判の前で手を出すのは決して褒められませんが、あれは岩波選手の仲間思いな性格が表れたシーンかもしれませんね。

[ad#co-1]

血液型はA型

A型は協調性があるとよく言われます。

 

先程の動画で国旗にメンバー全員の寄せ書きを集めて一体感を図ったという話がありましたが、A型の岩波選手らしいエピソードかもしれません。

 

また実は日本代表の選手にはA型が多いんです。

ブラジルワールドカップでは香川真司選手、大久保嘉人選手、酒井高徳選手など9名もいました。(O型8名、B型3名、AB型3名)

まあA型の人口が多いので当然といえば当然なんですが…。

 

海外移籍の可能性は?

今のところ具体的な移籍の情報はありません。

 

しかし、リオ五輪での活躍次第では近い将来移籍が実現する可能性はかなりあります。

岩波選手の高さやフィードの精度は欧州のクラブも必要としてくれるはずです。

 

個人的には来年の冬か夏での移籍が理想的だと思います。

チームはオランダの中堅クラブかドイツの中堅・下位クラブが良いような気がします。

 

岩波選手と植田選手は中澤・闘莉王コンビを超えることのできる逸材だと思うので、海外で経験を積んで世界基準のCBになって欲しいです。

 

とりあえず今年はJリーグとオリンピックでの活躍に注目していきたいです。

 

まとめ

岩波拓也は中学MVP

落ち着いた性格で仲間思いの一面も

血液型はA型

近い将来、海外移籍の可能性は高い

 

今年は岩波選手にとって勝負の一年になってきそうです。

パフォーマンス次第では一気にA代表に登りつめるかもしれません。

【関連記事】

岩波拓也はスピード系の植田直通と相性抜群!身長は世界水準?

植田直通はももクロ好き?やべっちFCでMステに出ていたことを暴露!

山中亮輔の出身高校は進学校?あの髪型には彼女も驚き?

小林悠のプレースタイルは?高校時代は太田宏介と同級生!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です