リオ五輪サッカー日本代表のオーバーエイジは誰になる?歴代選手は?

今月の27日からいよいよJリーグが開幕します。

 

そして、リオ五輪開催まであと半年になりました。

portland-843606_640

そこで気になってくるのがオーバーエイジ枠。

 

今回はリオ五輪サッカー日本代表のオーバーエイジが誰になるのか考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

リオ五輪サッカー日本代表のオーバーエイジは誰?

まずオーバーエイジとは本来出場資格のない24歳以上の選手を3人まで登録できる制度です。(オリンピックの出場資格は23歳以下)

 

リオ五輪の場合、1992年生まれからオーバーエイジとなります。

 

そして、U-23日本代表の手倉森誠監督はリオ五輪でのオーバーエイジ活用を明言しています。

 

何人呼ぶかはまだわかりませんが、候補選手をチームの事情関係なしに挙げていきたいと思います。笑

 

優勝したU-23アジア選手権を見る限り、左サイドバック、ボランチ、フォワードが強化の必要なポジションだと感じました。

 

左サイドバックの山中亮輔選手は攻撃面では2アシストと結果を残したものの、守備が軽い印象は拭えませんでした。

 

特に韓国戦など相手が強くなるにつれて守備の不安定さがより垣間見えました。

 

アルゼンチンやドイツ、ポルトガルには強力なアタッカーがいるので、守備がしっかり出来る選手が欲しいです。

 

それとリオ五輪の登録メンバーは18人なので両サイドこなせる選手も良さそうです。

 

左サイドバックの候補

長友佑都

酒井高徳

太田宏介

藤春廣輝

徳永悠平

 

ボランチは遠藤航選手、原川力選手、大島僚太選手が主に起用されていましたが、もう少し安定感や展開力のあるボランチが欲しいところです。

 

守備もしっかりこなせてパスも出せる選手が理想的です。

 

ボランチの候補

青山敏弘

柴崎岳

柏木陽介

藤田直之

田口泰士

山本康裕

 

フォワードは足元にボールをしっかり収めて起点となれる選手が欲しいです。

 

縦への速さを重視しているチームなので、この能力は必須だと思います。

 

FWの候補

大迫勇也

岡崎慎司

豊田陽平

興梠慎三

金崎夢生

 

個人的には酒井高徳選手、青山敏弘選手、大迫勇也選手が理想です。

 

特に青山選手がいれば浅野選手もより輝くと思うので、選ばれて欲しいです。

 

ただ、3人ともクラブの許可が出そうにないですね。笑

スポンサーリンク

歴代のオーバーエイジ選手は?

オーバーエイジは1996年のアトランタ五輪から始まりました。

 

歴代の選手を確認してみたいと思います。

 

アトランタ五輪 グループリーグ敗退

採用せず

シドニー五輪 ベスト8

GK楢崎正剛(名古屋グランパス)、DF森岡隆三(清水エスパルス)、MF三浦淳宏(横浜F・マリノス)

アテネ五輪 グループリーグ敗退

GK曽ヶ端準(鹿島アントラーズ)、MF小野伸二(フェイエノールト)※現コンサドーレ札幌

北京五輪 グループリーグ敗退

採用せず

ロンドン五輪 4位

DF徳永悠平(FC東京)、DF吉田麻也(VVVフェンロ)※現サウサンプトン

 

アテネ五輪は高原直泰選手を選出予定でしたが、直前に肺血栓塞栓症が再発したため選出できないという誤算がありました。

 

ただ、この結果をみるとオーバーエイジを起用したほうが明らかに好成績を収めています。

 

チームの穴を埋めてくれる存在としてオーバーエイジはかなり重要になります。

 

ロンドン五輪での吉田麻也選手の存在感は見事でした。

 

しかし、若手が経験を積めないという部分も問題です。

 

このあたりのバランスを考えた選考を期待したいですね。

【関連記事】

リオ五輪サッカーアルゼンチン代表は強敵!メッシも必要ない?

櫛引政敏と柴崎岳は青森山田で同級生!中学や高校時代の成績は?

原川力のプレースタイルは?川崎フロンターレに完全移籍!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です