小川諒也の出身中学や高校は超名門!プレースタイルは太田宏介に似ている?

ACLのビンズオン戦で2得点に絡んだFC東京の左SB小川諒也選手。

 

駒野友一選手や室屋成選手などSBの怪我人が続出する中、彗星のごとく現れた期待の新星です。

スポンサーリンク

そこで気になるのが小川選手の経歴やプレースタイル。

 

今回は小川諒也選手の中学高校プレースタイルについて書きたいと思います。

-shared-img-thumb-TSU88_scss01_TP_V

小川諒也の出身中学や高校は超名門!

小川選手は東京都練馬区出身。(生まれてから幼稚園までは長野県で過ごす)

 

出身中学は練馬区立石神井東中学校

 

しかし、中学の部活ではなくForza’02というサッカークラブでプレーします。

 

Forza’02は全国大会にも出場経験がある名門で、特に最近は2年連続で日本クラブユース選手権大会にも出場しています。

 

FC東京で先輩の田邉草民選手もForza’02でプレーしていました。

 

そして高校は千葉の名門流通経済大学柏高校に進学。

 

小川選手は他の関東や東北の名門校からも声がかかっていたようです。

 

流経大柏高校を選んだのは大前元紀選手の活躍を見たのが大きかったのかもしれません。

 

高校3年の選手権大会ではベスト4という成績を収めています。(インターハイは県予選敗退)

 

しかも小川選手はサイドバックながら2ゴールを挙げ、大会優秀選手にも選ばれました。

 

つい最近の話なので私も小川選手のプレーは印象に残っています。

 

ちなみにアルビレックス新潟の小泉慶選手は1学年先輩です。

スポンサーリンク

プレースタイルは太田宏介に似ている?

次に小川選手のプレースタイルについて書きたいと思います。

 

小川選手の武器は左足から放たれる正確なクロスとプレースキック

 

フリーキックでは直接ゴールを狙うこともできます。

高校時代からこれほどのキックを持っていたとは恐ろしいですね。

 

自分でもキックが武器だと自覚していた小川選手は全体練習後ひたすら個人練習をして精度を高めていったそうです。

 

こういった弛まぬ努力の結果がプロでも通用している大きな要因だと思います。

 

先日のACLビンズオン戦でもコーナーキックから2得点を演出。

 

左SBで左足のキックが上手い選手といえば、フィテッセの太田宏介選手ですね。

 

太田選手は元FC東京ですし、プレースタイル的にも重なって見える部分はありますね。

 

しかし、小川選手はキックの精度以外にも身体能力を活かしたスピード運動量という武器もあります。

 

なので、太田選手と長友選手のいいとこ取りをした選手という感じですね。

 

いまはまだまだ太田選手と長友選手の方が実力や経験も上だと思いますが、近い将来どんな選手になるのか非常に楽しみです。

 

ちなみに小川選手の身体能力の高さは一目置かれており筋肉も凄いです。

 

こちらの動画で小川選手の筋肉が紹介されています。

平畠さんが仰るとおり、まったく無駄のない筋肉ですね。

 

まとめ

小川諒也は中学時代Forza’02に所属

高校は流通経済大学付属柏高校

プレースタイルは太田宏介と長友佑都が合わさった印象

 

FC東京は次々と優秀なサイドバックが出てきますね。

そして小川選手はリオ五輪世代なので室屋成選手とともに本大会での活躍を期待したいです。

【関連記事】

室屋成のプレースタイルは?高校や大学の成績も紹介!

中島翔哉の高校時代の成績は?同じ身長の選手をまとめてみた!

山中亮輔のプレースタイルは?クロスやドリブルが武器? A代表入りは?

金森健志の彼女は内村麻美なのか?年俸やゴール動画も紹介!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です