小林悠のプレースタイルは?高校時代は太田宏介と同級生!

川崎フロンターレ所属の小林悠選手。

 

2016年シーズンは2試合で早くも3ゴールを上げ、日本代表の国内合宿のメンバーにも選出。

スポンサーリンク

そんな小林選手、実はフィテッセの太田宏介選手と高校の同級生だったりします。

 

今回は小林悠選手のプレースタイル高校時代について書きたいと思います。

-shared-img-thumb-PAK82_golashitasakka-boru20140102_TP_V

小林悠のプレースタイルは?

まず、小林悠選手のプレースタイルについて書きたいと思います。

 

巧みな駆け引きで敵ディフェンスの裏へ飛び出して得点を量産するのが小林選手のプレースタイルです。

 

裏のスペースへ飛び出すタイミングはめちゃくちゃ絶妙です。

 

試合中、小林選手のオフ・ザ・ボールの動きを見てみると何度も動き直してタイミングをとっているのがよくわかります。

ちょっと見切れて分かりづらいですが、中村憲剛選手にボールが渡った瞬間に絶妙なタイミングで裏のスペースへ抜けているのがわかりますね。

 

このシーン実はひとつ前の大島選手にボールが渡った瞬間にも裏へ抜けようとする動きを見せています。

 

こうした前線で絶えず動き続けるプレーは相手ディフェンスからしたら掴み所がなく厄介だと思いますし、これが得点を量産できる大きな要因になっていると思います。

 

しかし、小林選手のプレースタイルはそれだけではありません。

 

177cmの体格ながらも空中戦の強さポストプレーに長けており、チャンスメイクもできる選手です。

 

また、守備でも貢献できる選手で90分間絶えずハードワークができます。

 

まさに万能FWという感じですね。

 

そして、私が最近驚いたのが小林選手のトラップの技術です。

このトラップはもはやジダンレベルです。笑

 

その後のシュートも見事です。

 

小林選手は年齢を重ねるごとにプレーの幅が広がっている印象がありますね。

 

まだまだ伸び代を感じる楽しみな選手です。

スポンサーリンク

高校時代は太田宏介と同級生!

小林選手は高校時代、神奈川県の麻布大学附属渕野辺高校(現・麻布大学附属高校)でプレー。

 

太田宏介選手とともに2年連続で高校サッカー選手権大会に出場。

 

3年生で迎えた大会では初戦の高松商業に敗れたものの1ゴールを記録しています。

 

ちなみに小林選手と太田選手は二人とも東京都町田市出身

 

高校までは町田市の別のチームでそれぞれプレーしており、かなりのライバル関係だったようですね。

 

高校時代もチームメイトだけど負けたくないという思いで切磋琢磨してきたのだと思います。

 

ちなみに1月のU-23アジア選手権で活躍した久保裕也選手と原川力選手植田直通選手と豊川雄太選手の二組も学生時代の同級生です。

久保裕也と原川力は中学の同級生!なでしこの田中陽子も?

豊川雄太のプレースタイルは?弟がいる?植田直通と同級生!

 

まとめ

小林悠のプレースタイルは裏への絶妙な飛び出し、正確なポストプレー、献身的な守備

太田宏介とは麻布大学附属渕野辺高校の同級生で全国大会にも出場

 

先程も書いた通り、小林選手は年々プレーが進化している印象があるので今後も非常に楽しみです。

そしてこれから始まるロシアワールドカップアジア最終予選でも同級生コンビの活躍に注目です。

【関連記事】

原川力のプレースタイルは?川崎フロンターレに完全移籍!!

中野嘉大のドリブルがすごい!?高校や大学は?赤崎秀平との関係は?

小川諒也の出身中学や高校は超名門!プレースタイルは太田宏介に似ている?

宇佐美貴史移籍は2016年の夏が濃厚!?ドイツ復帰が理想か!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です