土佐高校野球部の選抜2016メンバーと出身中学は?注目選手も紹介!

3年ぶりに選抜の舞台に帰ってくる土佐高校(高知代表)。

 

四国大会はすべて1点差ゲームを演じ、伝統の粘り強さを発揮しました。

 

今回は土佐高校野球部の選抜2016メンバー出身中学注目選手について書きたいと思います。

スポンサーリンク

土佐高校野球部の選抜2016メンバーと出身中学は?

背番号1  尾崎玄唱  土佐中学(高知)

背番号2  楫憲護   大田第一中学(島根)

背番号3  柴田大輔  阪南中学(大阪)      堺中央ボーイズ

背番号4  土居凌太郎 高知南中学(高知)

背番号5  馬場純平  関西大倉中学(大阪)  ニュー・ヤンキース

背番号6  森崎勇斗  須崎中学(高知)

背番号7  松原頌季  土佐中学(高知)

背番号8      吉川周佑  高岡中学(高知)

背番号9      吉原太朗  城北中学(高知)

背番号10   吉川勝太  土佐中学(高知)

背番号11   津野透生  土佐中学(高知)

背番号12   佐野遼平  土佐中学(高知)

背番号13   今橋隆文  介良中学(高知)

背番号14   川村智哉  土佐中学(高知)

背番号15   井上拓   橋立中学(京都)   京都丹後シニア

背番号16   清岡和俊  安田中学(高知)

背番号17   井上智三郎 土佐中学(高知)

背番号18   武市陽登  横浜中学(高知)

 

高知出身選手が14名、大阪出身選手が2名、京都出身選手が1名、島根出身選手が1名となっています。

 

また、土佐中学出身の選手が7名。

 

中学校から同じチームでプレーしている選手が多いというのはこのチームの強みかもしれませんね。

 

そして秋季大会から新たに森崎勇斗選手がメンバー入り。

背番号6をつけます。

 

怪我の影響で秋季大会は出場できなかったようですね。

 

選抜でどういったプレーを見せてくれるか楽しみな選手です。

スポンサーリンク

注目選手は?

まず、野手の注目選手は3番吉川周佑選手。

 

秋季大会では7試合29打数11安打5打点(打率.379)を記録。

 

安打(打率)、打点ともにチームトップでした。

 

チーム打率.260と決して高くないだけに吉川選手のバッティングには期待がかかります。

 

また、主将を務めておりチームを牽引する存在です。

 

一方、投手陣の注目選手は尾崎玄唱投手。

 

秋季大会は背番号10での出場でしたが、チーム最多の7試合45イニング登板。

 

130キロ台のストレートに多彩な変化球を織り交ぜた投球が売りで、防御率1.00の安定感を見せました。

 

接戦をものにして勝ち上がってきたチームなので、尾崎投手がどこまで粘れるかが勝敗を左右しそうです。

 

まとめ

土佐中学出身選手が7人

土佐高校の注目選手は吉川周佑選手と尾崎玄唱投手

 

土佐高校の初戦は優勝候補本命の大阪桐蔭となりました。

大阪桐蔭野球部の選抜2016メンバーと出身中学は?他チームに同級生はいる?

 

エースの尾崎投手が強力打線をどう封じ込めるかに注目です。

 

最後までご覧頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です