ファン・ウェルメスケルケン・際の出身高校や大学は?リオ五輪の救世主?

オランダ2部のFCドルトレヒトでプレーするファン・ウェルメスケルケン・際選手。

 

3月末に行われるU-23日本代表の収集レターが届いたようです。

 

手倉森監督注目の選手と言えそうです。

 

今回はファン・ウェルメスケルケン際選手の出身高校大学リオ五輪について書きたいと思います。

スポンサーリンク

ファン・ウェルメスケルケン・際プロフィール

生年月日:1994年6月28日

年齢:21歳

出身:オランダ・マーストリヒト

身長:178cm

所属チーム:FCドルトレヒト

ポジション:SB

利き足:右足

引用元:wikipedia

父親がオランダ人、母親が日本人のハーフ。

生まれはオランダのマーストリヒトですが、2歳の時から日本に移ったようです。

maastricht-426109_1280

両サイドバックでプレーができ、ウイングでも可能なユーティリティプレイヤーです。

 

ファン・ウェルメスケルケン際の出身高校や大学は?

ファン・ウェルメスケルケン・際選手の出身高校は山梨県北杜市立甲陵高校

 

この高校は偏差値64の進学校で山梨県でも有数の高校です。

 

また中高一貫の公立校で際選手は中学の時から通っていました。

 

成績もかなり優秀だったようですね。

 

一方、サッカーは高校のサッカー部ではなくヴァンフォーレ甲府ユースでプレー。

 

トップチーム昇格の話があるほどの実力者だったようですが、この時はオランダに行くか大学進学で揺れていたようです。

 

そしてセンター試験を受けた後にオランダ行きを決意。

 

センター試験を受験した経験のあるサッカー選手ってかなり珍しい部類の選手だと思います。

たしか岩政大樹選手(ファジアーノ岡山)、矢島卓郎選手(京都サンガ)もセンター試験経験者だったような記憶があります。

 

ドルトレヒトでは最初アマチュア契約だったようです。

 

しかし、活躍が認められてトップチームに昇格。そしてプロ契約に漕ぎつけ今に至ります。

 

昨年、チームがオランダ一部にいた頃には強豪トゥエンテ戦で一部デビューも果たしています。

 

ちなみに際選手はUEFAが提携するデンマークの通信制大学で勉強しているようです。

 

プロになっても文武両道を貫くあたりは素晴らしいですね。

[ad#co-1]

リオ五輪の救世主?

際選手はリオ五輪本大会に望むU-23日本代表の救世主となる選手かもしれません。

 

というのも、U-23日本代表はAFC U-23選手権でも活躍した右SB室屋成選手(FC東京)が2月に足の小指を骨折

復帰時期は未定となっています。

室屋成のプレースタイルは?高校や大学の成績も紹介!

 

また、つい先日右SB松原健選手も右ひざ外側半月板を損傷

昨年も半月板を負傷した松原選手ですが、今回も全治3ヶ月の大怪我となりました。

松原健のプレースタイルは?怪我の影響は大丈夫!?

 

二人とも本大会に間に合うか微妙なところで、現在U-23日本代表の右サイドバックは手薄状態になっています。

 

そんな状況下で今回、際選手に白羽の矢が立ちました。

 

これからのU-23メキシコ代表戦、トゥーロン国際大会で活躍できれば、リオ五輪日本代表の救世主となる可能性は高いです。

 

まあプレーを見たことはないですが…。笑

 

ただ、両サイドをこなせるというのは登録メンバーが18人になるリオ五輪本大会においては貴重な存在になりそうな気もします。

 

とりあえず、3月25日のメキシコ戦でどんなプレーを見せてくれるのか楽しみにしたいと思います。

まとめ

ファン・ウェルメスケルケン・際の出身高校は山梨県の甲陵高校

サッカーはヴァンフォーレ甲府ユースでプレー

大学はUEFA提携の通信制大学

U-23日本代表では右SBに怪我人が多いので期待は大きい

 

まだまだ未知数な存在ですが将来の楽しみな選手ですね。

最後までご覧頂きありがとうございました。

【関連記事】

鈴木武蔵の出身高校は超名門!両親が離婚して母親に育てられた?

リオ五輪サッカーアルゼンチン代表は強敵!メッシも必要ない?

中島翔哉は犬と公園で練習していた!?筋肉量も年々増加中!

亀川諒史のプレースタイルは?高校時代の成績も紹介!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です