宮台康平(東大)の出身高校は湘南!プロ入りの可能性は?

今年に入り本格的に才能が開花しつつある東京大学野球部の宮台康平投手。

 

甲子園経験者の猛者が集まる東京六大学リーグでも見事な投球を披露しています。

 

今回は宮台康平投手の高校時代やプロ入りの可能性について迫りたいと思います。

スポンサーリンク

宮台康平プロフィール

名前:宮台康平(みやだい こうへい)

生年月日:1995年7月1日

年齢:20歳

身長:178cm

体重:82kg

学年:3年

 

最速145キロのストレートにスライダー、カーブ、シンカーなどを織り交ぜた投球が売りの投手です。

 

2年秋のリーグ戦では防御率4位(2.17)の記録を残しています。

 

今季はここまで早稲田戦と明治戦の2試合に登板。

 

2試合とも打線の援護がなく敗れたものの、ともに1失点完投の素晴らしい出来を見せています。

 

特に早稲田戦の4安打13奪三振の投球は圧巻でした。

 

宮台康平の出身高校は湘南!

横浜の戸塚中学出身の宮台投手は神奈川県立湘南高校に進学。

 

宮台投手の世代には桐光学園の松井裕樹投手(現・楽天ゴールデンイーグルス)がいました。

 

宮台投手在籍時の湘南高校の成績をまとめてみました。

春季 秋季
1年 地区予選敗退 1回戦 2回戦
2年 2回戦 3回戦 1回戦
3年 ベスト8 3回戦

 

2年の夏は宮台投手を軸にシード校の川崎北高校に勝利しています。

 

2年秋には県選抜に選出され、スリランカ遠征を経験したそうです。

 

ベスト8に輝いた3年の春季大会では2完投を記録。

 

準々決勝の東海大相模戦でも5回6安打3失点と粘りの投球が光りました。

 

3年の夏はシード校としての戦いになりましたが、惜しくも3回戦敗退となりました。

 

ただ、激戦区神奈川県で名門私立校と互角に渡り合うのはなかなかできることではないと思います。

 

ちなみに湘南高校は偏差値が72もあり神奈川県内有数の進学校です。

 

現役で東大に合格したことを考えると学業でもトップクラスの成績を収めていたのだと思います。

 

高校3年の夏まで野球に励んでからの東大合格はかなり難しいと思うので本当に凄いですね。

 

しかも日本の文系最高峰の文1出身で3年生から 法学部に進学したんだとか。

 

野球の才能も勉強の才能もあってただただ羨ましいです。笑

[ad#co-1]

東大からプロ入りなるか?

今後の活躍次第ではプロ入りの可能性は十分にあると思います。

 

この春の2試合でスカウトの評価をまた上げた印象があります。

 

現段階では日本ハムが宮台投手をマークするという報道が出ています。

 

まだ進路は未定としている宮台投手ですが、今季の活躍次第ではプロ入りを強く意識し始めるかもしれませんね。

 

宮台投手は頭の良さが示している通り飲み込みの早い投手だと思うのでプロのコーチから指導を受けることで急激に成長する可能性もありそうです。

 

なので、個人的にはプロで見たい投手ですし中継ぎ投手として活躍してくれそうな気がします。

 

ちなみに東大からプロに行った選手をまとめてみました。

新治伸治(大洋)

井出峻(中日)

小林至(千葉ロッテ)

遠藤良平(日本ハム)

松家卓弘(横浜→日本ハム)

 

過去に5名のプロ野球選手を輩出しているようです。

 

宮台投手は現在3年生なので来年のドラフトを楽しみにしたいと思います。

 

宮台投手が6人目の東大出身選手となるのか注目ですね。

 

最後までご覧頂きありがとうございました。

【関連記事】

根尾昂の進学先は大阪桐蔭?両親は医者で兄も斐太高校で活躍!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です