古賀紗理那の出身中学や高校は姉と同じ超名門?身長や血液型も紹介

バレーボール女子日本代表の古賀紗理那選手。

 

木村沙織選手の後継者として期待を集めています。

 

今回は古賀紗理那選手の出身中学や高校、身長、血液型について書きたいと思います。

スポンサーリンク

古賀紗理那プロフィール

名前:古賀紗理那(こが さりな)

生年月日:1996年5月21日

年齢:19歳

出身地:佐賀県神埼郡

所属チーム:NECレッドロケッツ

ポジション:ウイングスパイカー

引用元:wikipedia

 

古賀紗理那の出身中学や高校は姉と同じ超名門?

古賀紗理那選手は佐賀県出身ですが、6歳の時に父親の転勤で熊本県大津市に転校。

 

中学は大津町立大津中学に進学。

 

古賀選手は中学2年、中学3年の時に全国大会出場。

 

中学3年の全国大会はベスト4に進出し、大会優秀選手12名にも選ばれました。

 

また全国都道県対抗中学バレーボール大会ではベスト16に留まりましたが、オリンピック有望選手、JOC・JVAカップ(バレー協会が将来を期待する選手に送られる賞)、大阪府知事賞に選出されます。

 

当時から高いポテンシャルを発揮していたのがよくわかりますね。

 

これらの活躍もあり全国の高校から誘いを受けますが、古賀選手は地元熊本の熊本信愛女学院高校に進学。

 

熊本信愛女学院は今年鎮西高校が春高バレーに出場するまで29年連続で春高に出場した超名門高校です。

 

熊本信愛女学院への進学の決め手は2歳年上の姉・麗那さんの存在が大きく、お姉さんの誘いを受け進学を決意したそうです。

お姉さんへの信頼を感じるエピソードですね。

 

古賀選手が1年生の時にはお姉さんとのツインタワーが話題を呼びました。

 

古賀紗理那高校時代の成績

インターハイ 国体 春高バレー
高校1年 1回戦敗退 2回戦敗退 ベスト4
高校2年 準優勝 ベスト4 初戦敗退
高校3年 準優勝 5位 3回戦敗退

 

高校1年の春高では大会優秀選手6名に選ばれる活躍を見せました。

 

1年生で選出させることは殆ど無いと思うので素晴らしいですね。

 

高校3年のインターハイは決勝まで進むも同じ日本代表の宮部愛梨擁する金蘭会高校に敗れ準優勝。

 

春高はチームメイトがインフルエンザに罹る影響もあり3回戦敗退となりました。

 

高校3年間で全国大会優勝は叶いませんでしたがそれでも世代最高の選手として卒業時にはVリーグ8チームからオファーを受けました。

 

これから時期日本のエースとしてどんな成長を見せてくれるのか非常に楽しみです。

スポンサーリンク

古賀紗理那の身長や血液型は?

古賀選手の身長は180cmです。

 

これは日本代表のウイングスパイカーの中では高身長の部類に入ります。

 

日本代表ウイングスパイカーの身長

木村沙織 185cm

石井優希、井上愛里沙 180cm

長岡望悠 179cm

江畑幸子、鍋谷友理枝 176cm

迫田さおり 175cm

内瀬戸真実、田中瑞稀 170cm

 

古賀選手はこの身長に加え、スパイク最高到達点305cmとジャンプ力もあります。

 

ちなみに身長185cmの木村沙織選手の最高到達点は304cmです。

木村沙織と彼氏の日高裕次郎の結婚はリオ五輪後か?引退も近い?

 

 

血液型はB型です。

 

B型のスポーツ選手は大成している選手が多いのが特徴です。

主なB型のスポーツ選手

バレーボール

栗原恵、清水邦広、石島雄介

プロ野球

イチロー、長嶋茂雄、山本浩二、野村克也、野茂英雄、古田敦也、大谷翔平

柔道

野村忠宏、谷亮子、小川直也

水泳

北島康介、萩野公介

卓球

福原愛

ボクシング

亀田興毅、輪島功一

ゴルフ

青木功、ジャンボ尾崎、丸山茂樹、松山英樹、片山晋呉、宮里藍、岡本綾子

フィギュアスケート

羽生結弦、浅田真央

 

もちろん血液型で一概に言うのはおかしいですが、今後古賀選手がB型の偉大なアスリート達と同じ道を歩むのか注目です。

 

最後までご覧頂きありがとうございました。

【関連記事】

男子バレー日本代表の世界最終予選メンバーと日程や放送予定を紹介!

男子バレー世界最終予選の結果速報と順位表や世界ランキングを紹介

バレーボール女子世界最終予選の結果速報と日程!出場条件は?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です