男子バレー日本代表の世界最終予選メンバーと日程や放送予定を紹介!

2016年5月28日から開幕するバレーボール男子世界最終予選。

 

全日本男子は若手が台頭してきており、2大会ぶりのオリンピック出場が期待できます。

 

今回は男子バレー日本代表の世界最終予選メンバー、日本代表の日程や放送予定について書きたいと思います。

スポンサーリンク

男子バレー日本代表の世界最終予選メンバー

リオ五輪世界最終予選メンバー14名

セッター

深津英臣(パナソニック) 25歳 180cm

関田誠大(パナソニック) 22歳 177cm

 

ウィングスパイカー

米山裕太(東レ) 31歳 185cm

福澤達哉(パナソニック) 29歳 189cm

清水邦広(パナソニック) 29歳 193cm

栗山雅史(サントリー) 27歳 189cm

柳田将洋(サントリー) 23歳 186cm

石川祐希(中央大学) 20歳 191cm

 

ミドルブロッカー

富松崇彰(東レ) 31歳 191cm

傳田亮太(豊田合成) 24歳 191cm

出耒田敬(堺) 24歳 199cm

山内晶大(パナソニック) 22歳 204cm

 

リベロ

酒井大祐 サントリー 34歳 180cm

永野健 パナソニック 30歳 176cm

 

監督:南部正司

 

ロンドンオリンピック世界最終予選からは清水邦広選手、福澤達哉選手、米山裕太選手、富松崇彰選手、永野健選手の5名が選出されています。

 

 

全日本男子は2016年5月2日から5月13日までアメリカ遠征を行い調整。

 

ワールドカップ王者アメリカ代表を相手に1勝1敗と調子は上向きなようです。

 

 

注目選手は「NEXT4」の石川祐希選手柳田将洋選手山内晶大選手の3人。(NEXT4の一人である高橋健太郎選手は選外)

石川祐希の高校や大学は超名門!身長やスパイクは世界基準?

 

昨年のワールドカップバレーでは石川選手がベストスパイカー4位にランクイン、柳田選手がベストサーバー5位にランクインし、世界でも十分通用することを証明しました。

 

山内選手も204cmの身長を活かしたブロックで相手の攻撃を封じ込めました。

 

日本の弱点である高さを克服できる存在として期待が集まります。

 

近年のバレー全日本男子は若手選手が台頭してきたことで世界との距離が縮まりつつある印象があります。

彼らと清水選手、福澤選手といったベテラン選手が上手く融合できれば北京五輪以来のオリンピック出場は十分期待できると思われます。

スポンサーリンク

男子バレー日本代表の世界最終予選日程や放送予定を紹介!

ここからは男子バレー日本代表の世界最終予選日程や放送予定を紹介したいと思います。

 

2016年5月28日から始まる世界最終予選の日程や放送予定は

5月28日(土)

日本3-1ベネズエラ 19:00~(TBS)

5月29日(日)

日本0-3中国 19:00~(フジテレビ)

5月31日(火)

日本-ポーランド 19:00~(TBS)

6月1日(水)

日本-イラン 19:00~(フジテレビ)

6月2日(木)

日本-オーストラリア 19:00~(TBS)

6月4日(土)

日本-カナダ 19:00~(フジテレビ)

6月5日(日)

日本-フランス 19:00~(TBS)

となります。

 

全試合の日程や結果速報はこちらに書いています。

男子バレー世界最終予選の結果速報と順位表や世界ランキングを紹介

 

最後までご覧頂きありがとうございました。

【関連記事】

バレーボール女子世界最終予選の結果速報と日程!出場条件は?

石川祐希の高校や大学は超名門!身長やスパイクは世界基準?

ハイキュー22巻の発売日はいつ?あらすじやネタバレ情報も!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です