高校野球2016大分大会の結果速報と組み合わせや日程を紹介!注目校も

7月3日に開幕する夏の高校野球2016大分大会(試合開始は6日から)。

 

今年の大分県は計45チームが甲子園への切符をかけて戦います。

 

  1. 高校野球2016大分大会の結果速報と組み合わせや日程
  2. 大分大会の注目校

 

今回はこの2点について書きたいと思います。

スポンサーリンク

高校野球2016大分大会の結果速報と組み合わせや日程

 

大分大会シード校

Aブロック…鶴崎工(第1シード)、藤蔭(第3シード)

Bブロック…明豊(第2シード)、佐伯鶴城(第3シード)

Cブロック…臼杵(第1シード)、情報科学(第3シード)

Dブロック…大分(第2シード)、大分工業(第3シード)

 

大分大会の組み合わせと日程

※開幕以降、随時結果速報もしていきます。

※雨天順延により日程が変更になる可能性もあります。

大分大会Aブロック日程

1回戦

7月6日(水)

大分鶴崎3-8津久見

大分高専1-4杵築

大分南5-4大分雄城台

2回戦

7月12日(火)

鶴崎工1-2津久見

佐伯豊南4-9大分上野丘

藤蔭5-1杵築

7月13日(水)

竹田3-2大分南

3回戦

7月18日(月)

津久見3-1大分上野丘

藤蔭7-0竹田

 

大分大会Bブロック日程

1回戦

7月7日(木)

大分商4-1宇佐

中津北5-2三重総合

玖珠美山0-2日田三隈

2回戦

7月14日(木)

明豊5-3大分商

日田2-0国東

7月15日(金)

佐伯鶴城10-3中津北

楊志館10-0日田三隈

3回戦

7月19日(火)

明豊7-0日田

佐伯鶴城8-0楊志館

 

大分大会Cブロック日程

1回戦

7月8日(金)

中津東2-1大分国際情報

7月9日(土)

日本文理大付1-3大分東

柳ヶ浦4-7大分東明

2回戦

7月15日(金)

臼杵4-1中津東

7月16日(土)

別府商2-13中津南

情報科学11-1大分東

別府鶴見丘3-7大分東明

3回戦

7月18日(月)

臼杵5-3中津南

情報科学2-1大分東明

 

大分大会Dブロック日程

1回戦

7月9日(土)

日田林工10-0由布

7月10日(日)

大分舞鶴7-0羽室・双国・宇佐産

高田8-11大分西

日出総合5-8大分豊府

2回戦

7月17日(日)

大分6-1日田林工

安心院0-7大分舞鶴

大分工6-4大分西

別府青山・翔青1-4大分豊府

3回戦

7月19日(火)

大分7-2大分舞鶴

大分工4-3大分豊府

 

準々決勝以降の日程

準々決勝

7月20日

津久見6-7藤蔭

1 2 3 4 5 6 7 8 9
4 0 0 0 0 1 0 1 1 7
0 0 0 0 0 0 1 0 5 6

 

臼杵5-2情報科学

1 2 3 4 5 6 7 8 9
3 0 0 1 0  0 1 0 0 5
0 0 0 0 0 2 0 0 0 2

 

7月21日

明豊5-12佐伯鶴城

1 2 3 4 5 6 7 8 9
0 0 2 3 0 0 0 5
2 1 1 8 0 0 12

 

大分14-7大分工

1 2 3 4 5 6 7 8 9
大分 0 2 0 2 4  0 1 5 14
大工 1 0 3 2 0 0 0 1 7

 

準決勝

7月23日

藤蔭2-5佐伯鶴城

1 2 3 4 5 6 7 8 9
0 0 0 0 0 0 0 5 0 5
0 0 2 0 0 0 0 0 0 2

投手 藤蔭:水本 佐伯鶴城:岩田

 

臼杵0-8大分

1 2 3 4 5 6 7 8 9
0 0 0 0 0 0 0 0
0 2 0 0 1 5 8

 

決勝

7月25日 10:00~

佐伯鶴城2-8大分

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1 0 0 0 0 0 0 0 1 6 8
1 0 0 0 0 0 0 0 1 0 2

投手 佐伯鶴城:岩田 大分:石元、岩崎

本塁打:山下(大分)

 

大分が2年ぶり2度目の甲子園出場!

[ad#co-1]

大分県秋季大会と春季大会の結果

成績 秋季大会 春季大会
優勝 臼杵  大分
準優勝 明豊 佐伯鶴城
ベスト4 藤蔭 鶴崎工
ベスト4 日田林工 柳ヶ浦
ベスト8 佐伯鶴城 臼杵
ベスト8 大分商 大分鶴崎
ベスト8 鶴崎工 大分工
ベスト8 大分南 中津東

 

大分大会の注目校

ここからは大分大会の注目校を紹介したいと思います。

 

  1. 臼杵
  2. 明豊
  3. 柳ヶ浦

 

注目校① 臼杵

臼杵は右の松島廉、左の河野謙三の2枚看板で秋季大会優勝。

 

決勝の明豊戦では松島投手が気迫溢れる投球を見せ9回完封勝利の活躍。

 

打線も長打力のあるバッターが多く、大量得点も期待できます。

 

投打の総合力の高さは臼杵が一番とする見方も強いです。

 

注目校② 明豊

昨年の甲子園を経験した山中大輝選手、大庭樹也選手、杉園大樹選手ら実績のある選手が多く県内屈指のタレント集団。

 

本来の実力が発揮できれば2年連続の甲子園出場も見えてきそうです。

 

注目校③ 柳ヶ浦

昨年の秋、プロ野球の南海で活躍した定岡智秋氏が監督に就任。

 

また、U-15日本代表選出経験のある千綿泰生選手ら実力派が多く、この夏どこまで勝ち上がれるか注目のチームです。

 

その他、大分、佐伯鶴城、鶴崎工業らも注目のチームです。

 

最後までご覧頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です