吉村真晴の出身中学や高校は?身長やサーブは世界基準!

男子卓球日本代表の吉村真晴選手。

 

リオオリンピックでも躍進が期待される卓球界期待の若手選手です。

 

  1. 吉村真晴の出身中学や高校
  2. 身長やサーブは世界基準!

 

今回はこの2点について書きたいと思います。

スポンサーリンク

吉村真晴プロフィール

名前:吉村真晴(よしむら まはる)

生年月日:1993年8月3日

年齢:22歳

出身地:茨城県那珂郡東海村

身長・体重:177cm・65kg

引用元:wikipedia

 

吉村真晴の出身中学や高校は?

吉村選手は茨城県那珂郡東海村出身。

 

小学1年生から卓球を始め、父親の指導のもと厳しい練習の日々を送ります。

 

中学は宮城県多賀城市の秀光中学に進学。

秀光中学は卓球の強豪校のようでロンドン五輪女子団体銀メダリストの平野早矢香選手も在籍していました。

 

そして中学3年生の時、顧問の橋津文彦監督の野田学園(山口県)赴任を機に山口県の野田学園中学に転校。

 

野田学園は中高一貫教育の私立校で4年間山口県で過ごすことになります。

 

野田学園高校時代は3年連続でインターハイ(高校総体)に出場。

 

吉村真晴選手のインターハイ成績

団体 シングルス ダブルス
1年 ベスト16 ベスト16 ベスト8
2年 準優勝 ベスト8 優勝
3年 準優勝 ベスト4 優勝

 

当時は同じくリオオリンピック代表の丹羽孝希選手擁する青森山田高校が絶対的な存在でした。

 

それでもダブルスで2連覇を成し遂げるなど輝かしい成績を残しています。

 

また、高校3年のアジアジュニア選手権ではシングルス優勝、ダブルス準優勝。

卓球大国中国の選手に2連勝するなど見事な戦いぶりでした。

 

その後の世界ジュニア選手権では3位に入るなど高校トップクラスの選手から世界でも戦える選手に成長。

 

更に全日本選手権では快進撃を演じ6連覇中の水谷隼選手を破り優勝しました。

高校生での全日本選手権制覇は史上2人目の記録です。

 

その後、愛知工業大学に進学し現在に至ります。

 

身長やサーブは世界基準?

吉村選手を見て目を引くのが身長と独特なサーブ。

 

吉村選手の身長は177cm

 

他の卓球選手の身長と比較してみました。

 

主な卓球選手の身長

名前 国籍 身長
サムソノフ ベラルーシ 189cm
許昕 中国 181cm
ボル ドイツ 181cm
水谷隼 日本 172cm
松平健太 日本 169cm
大島祐哉 日本 168cm
馬龍 中国 168cm
荘智淵 台湾 168cm
岸川聖也 日本 167cm
丹羽孝希 日本 162cm

 

世界と比較するとまだ上がいますが、日本人の中では圧倒的な高さを誇っています。

もちろん身長が高ければ勝てるというわけではないですが。

 

それでも長い手足を活かした攻撃的なプレースタイルはスケールの大きさを感じさせます。

 

 

そして吉村選手のサーブは魔球レベルだと話題になっています。

 

吉村選手のサーブは上回転と下回転を同じフォームから繰り出すアップダウンサーブ。

 

同じフォームから繰り出すことにより相手はどう変化するのか全く読めず打つ手がなくなります。

 

このサーブは世界のトッププレイヤーにも通用しており世界ランキング3位の許昕選手(中国)も大絶賛していました。

 

世界レベルのサーブがハマれば上位進出も期待できそうです。

なので、リオ五輪では吉村選手のサーブに注目したいと思います。

 

最後までご覧頂きありがとうございました。

【関連記事】

水谷隼の出身高校や大学は?嫁や子供についても調べてみた!

丹羽孝希の出身中学や高校は姉と同じ超名門!彼女より乃木坂に夢中?

宮下遥の出身中学や高校は?身長や性格はセッター向き?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です