山縣亮太の中学や高校は無名校?慶応大学出身のイケメン!

リオオリンピック男子100m日本代表の山縣亮太選手。

 

オリンピックでは100m9秒台突破、そして400mリレーのメダル獲得が期待されます。

 

  1. 山縣亮太の中学や高校は超名門?
  2. 慶応大学出身のイケメン!

 

今回はこの2点について書きたいと思います。

スポンサーリンク

山縣亮太プロフィール

名前:山縣亮太(やまがた りょうた)

生年月日:1992年6月10日

年齢:24歳

出身地:広島県広島市

身長・体重:176cm・68kg

所属:セイコーホールディングス

引用元:wikipedia

 

山縣亮太の中学や高校は超名門?

山縣亮太選手が陸上を始めたのは小学4年生の時です。

 

陸上をしていた兄の影響で出場した大会で優勝。

その活躍を見た広島ジュニアオリンピッククラブの誘いを受け、

本格的に陸上を始める事になります。

 

このチームはかつて為末大選手も所属した名門クラブです。

 

ちなみに山縣選手はもともと野球クラブに入っていたそうです。

陸上でのポテンシャルを考えれば野球でも成功を収めていたかもしれませんね。

 

そんな山縣選手の出身中学は修道中学校

 

修道中学は中高一貫校で偏差値67の超名門。

受験で合格するのはかなり難しい中学です。

 

なので、小学時代から文武両道の出来る生徒だったようですね。

 

陸上部の実力は決して名門と呼べる実力ではなかったそうですが、同期に実力者が集結。

 

本人曰く、修道陸上部始まって以来の黄金世代だそうです。笑

 

そんな同期とともに中学時代は個人100mと400mメドレーリレーで全国大会に出場。

 

続く修道高校時代に山縣選手の才能が本格的に開花します。

 

インターハイ成績

学年 100m 400mリレー
1年 予選敗退
2年 予選敗退 準決勝敗退
3年 3位 準決勝敗退

※-は県大会敗退

 

インターハイは怪我の影響などもあり決して満足のいく結果を残せなかった山縣選手。

 

それでも高校2年生の時には世界ユース陸上選手権で100m4位入賞。

 

高校3年の国体では100m優勝。

 

また日本ジュニア選手権でも100mと200mで優勝しています。

この時、200mではリオ五輪代表の飯塚翔太選手に勝利しています。

スポンサーリンク

慶応大学出身のイケメンで筋肉も凄い

大学は慶応大学に進学。

 

慶応大学を選んだのは上下関係が厳しくなく自主性を重んじるチームだからだそうです。

 

大学2年生の時ロンドンオリンピック出場。

100mで準決勝進出、400mリレーで4位入賞を果たすなど見事な活躍でした。

 

オリンピック出場を機に慶応ボーイのイケメンとして注目を集めるようになります。

 

オリンピック選手、イケメン、慶応ボーイという三拍子が揃っているのできっとモテモテでしょう。笑

 

リオ五輪でどんな活躍を見せるのか非常に楽しみです。

 

最後までご覧頂きありがとうございました。

【関連記事】

陸上男子100mの世界記録と日本記録を紹介!日本人9秒台突破はいつ?

卓球女子団体の世界ランキングとリオ五輪の組み合わせや日程を紹介!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です