原川力のプレースタイルは?川崎フロンターレに完全移籍!!

U-23日本代表に選出された原川力選手(22歳)。

 

手倉森監督になってからコンスタントに招集されており、監督の信頼の厚い選手の一人です。

スポンサーリンク

オリンピックアジア最終予選を前に川崎フロンターレへの完全移籍が発表されました。

 

今回は原川力選手のプレースタイルや川崎フロンターレで活躍できるのかについて考えていきたいと思います。

 

プレースタイルは?

原川力選手は中盤のボランチというポジションでのプレーを得意としています。

 

ディフェンスの一列前のポジションで代表的な選手は遠藤保仁選手(ヤット)や長谷部誠選手らがあげられます。

 

他にもトップ下やサイドでもプレー可能なポリバレント(ユーティリティー)な選手です。

 

愛媛FC時代には2シャドーの位置でプレーしていたこともあります。

 

原川選手の武器は正確なパスボールキープに安定感があるところです。

攻撃に非凡なセンスを感じます。

 

視野の広さを生かした縦パスで攻撃のリズムを生み出す事が出来ますし、ゴールに直結するスルーパスを出すことも出来ます。

 

また、足元の技術が高いのでボールを奪われないですし、ドリブルも巧みです。

 

そしてフリーキックの精度も高いですチームではキッカーを任されています。

 

一方、課題は守備力でしょうか。

 

しかし、年々ボール奪取が上手くなっているように思います。

 

そこにもう少し力強さが加われば、さらにワンランク上の選手になりそうです。

 

川崎フロンターレへ完全移籍!

来シーズンから川崎フロンターレでプレーすることになった原川選手ですが、激しいスタメン争いが待っていそうです。

 

風間監督は3-4-3や4-4-2など多彩な戦術を用意していますが、基本的に中盤はダブルボランチの形です。

 

そのダブルボランチには元日本代表の司令塔である中村憲剛選手とU-23日本代表の大島僚太選手がいます。

 

このダブルボランチが心臓として働き、川崎の攻撃的なパスサッカーにリズムを生み出ししています。

 

なので、この二人からスタメンの座を奪うことはかなり厳しそうですが、出場の機会は必ずあると思います。

[ad#co-1]

川崎の攻撃的なスタイルに原川選手がフィットする可能性は非常に高いですし、将来的には憲剛選手と大島選手と比較しても遜色なくプレーできるようになると思っています。

 

それくらいの攻撃センスを秘めているはずです。

 

原川選手がチームにうまく溶け込むことで、憲剛選手をトップ下で使うことも出来ます。

その逆もありえますが。

 

また、憲剛選手を休ませながら戦うことも出来ます。

 

憲剛選手は来年36歳ですし、休ませながら戦う必要性もそのうち出てくると思います。

 

原川選手がリーグ戦上位進出のキーマンとなるかもしれません。

 

 

今年は原川選手が大きく成長する1年になっていきそうな予感がめちゃくちゃあります。

まずは、リオ五輪最終予選を突破して、川崎で憲剛選手から学んで、リオ五輪本大会で活躍してほしいですね。

 

ちなみに原川選手は久保裕也選手と中学からの同級生のようです。

気になる方はこちらをご覧ください。

久保裕也と原川力は中学の同級生!なでしこの田中陽子も!

 

【関連記事】

興梠慎三の出身中学や高校は?プレースタイルや性格も紹介!

井手口陽介のプレースタイルは?遠藤も認める怪物?経歴や家族も紹介

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です