早川隆久(木更津総合)の出身中学や姉は?プロ注目のドラフト候補!

木更津総合野球部のエース・早川隆久投手。

 

複数のプロ球団も注目する全国屈指の好左腕です。

 

  1. 早川隆久(木更津総合)の出身中学と姉
  2. 高卒プロ入りの可能性

 

今回はこの2点について書きたいと思います。

スポンサーリンク

早川隆久プロフィール

名前:早川隆久(はやかわ たかひさ)

生年月日:1998年7月6日

年齢:18歳

出身地:千葉県横芝光町

身長・体重:180cm・74kg

 

早川隆久(木更津総合)の出身中学と姉 

千葉県横芝光町出身の早川投手は横芝中学出身。

 

早川投手は横芝中学軟式野球部で本格的に野球を始めることになります。

 

上堺小学時代はソフトボールをしていたそうです。

 

若干驚きましたが、調べてみると福留孝介選手(阪神)や藤本敦士選手(元阪神)など小学生時代ソフトボールをしていたプロ選手が意外といることがわかりました。

大嶋匠選手(日本ハム)も早稲田大学ソフトボール部出身の選手として話題になりましたね。

 

たしかにソフトボールをしていた方が硬式のボールに順応しやすいとも聞いたことがあります。

 

ソフトボールの経験が今に活きている部分もあるのかもしれません。

 

横芝中学時代は現在千葉黎明エースの川口廉投手に次ぐ2番手投手。

更に左肘骨折の影響もあり思うような成績を残すことが出来ませんでした。

 

木更津総合進学後も外野手にコンバートされるなど入学当初は目立つ存在ではありませんでした。

 

転機は1年夏の大会前。

左腕対策としてバッティングピッチャーを務めた時のことです。

 

当時の3年生の主力打者から多くの空振りを奪い監督の目に止まります。

 

1年秋からメンバー入りを果たすと秋季県大会優勝と秋季関東大会準優勝に貢献。

選抜のマウンドも経験しました。

 

そして新チーム発足後も絶対的なエースとして見事な投球を見せています。

 

個人的に一番魅力に感じるのはピンチの場面で三振を奪えるところです。

今年の選抜1回戦の札幌第一戦で見せたノーアウト満塁の大ピンチを三者連続三振で切り抜けたシーンは今でも印象に残っています。

 

そんな早川投手には6歳年上と2歳年上の姉がいます。

 

顔写真などはありませんでしたが、

早川投手がイケメンなことを考えるとかなり美人なお姉さん方なのだと思われます。

 

その2人のお姉さんに勧められたのがクイーンの「we are the champions~伝説のチャンピオン~」。

早川投手は試合前この曲を聞きながら気持ちを高めているそうです。

 

たしかにかなり気持ちが高まりますね。

 

この曲のように早川投手が夏の頂点に立てるのか注目です。

スポンサーリンク

高卒プロ入りの可能性

早川投手の高卒プロ入りの可能性はかなり高いと思います。

 

今のところ巨人、阪神、中日、ロッテなどなど複数のプロ球団が関心を寄せています。

 

現段階では決してドラフト上位指名確実とは言い切れなさそうですが夏の甲子園の活躍次第では一気にドラフト上位指名濃厚の可能性もあります。

 

ピッチングスタイル的に杉内俊哉投手(巨人)のようになってくれそうなので今後がますます楽しみです。

 

最後までご覧頂きありがとうございました。

【関連記事】

木更津総合野球部の選抜2016メンバーと出身中学!注目選手も紹介

【甲子園2016】高校野球神奈川大会の結果速報と組み合わせや日程を紹介!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です