リオオリンピックサッカードイツ代表のメンバーと背番号や注目選手!

リオオリンピックで優勝候補に挙げられるサッカーU-23ドイツ代表。

 

複数の選手がクラブとの関係で招集外となっていますがそれでも大会屈指のメンバーが揃いました。

 

  1. リオオリンピックU-23ドイツ代表のメンバーと背番号
  2. U-23ドイツ代表の注目選手

 

今回はこの2点について書きたいと思います。

スポンサーリンク

リオオリンピックサッカーU-23ドイツ代表のメンバーと背番号

左の数字が背番号になります。

GK

1 ティモ・ホルン(ケルン)

12 ヤニク・フート(マインツ)

DF

4 マティアス・ギンター(ドルトムント)

5 ニクラス・ズーレ(ホッフェンハイム)

2 ジェレミー・トリアン(ホッフェンハイム)

14 ロベルト・バウアー(インゴルシュタット)

3 ルーカス・クロステルマン(ライプツィヒ)

13 フィリップ・マックス(アウクスブルク)

MF

6 スヴェン・ベンダー(ドルトムント) ※オーバーエイジ

8 ラース・ベンダー(レヴァークーゼン) ※オーバーエイジ

11 ユリアン・ブラント(レヴァークーゼン)

10 レオン・ゴレツカ(シャルケ)

7 マックス・マイヤー(シャルケ)

15 マックス・クリスティアンゼン(インゴルシュタット)

16 グリシャ・プレメル(カールスルーエ)

17 セルジュ・ニャブリ(アーセナル:イングランド)

FW

9 ダビー・ゼルケ(ライプツィヒ)

18 ニルス・ペーターゼン(フライブルク) ※オーバーエイジ

 

主な招集外の選手

ユリアン・ヴァイグル(ドルトムント)

ユリアン・ドラクスラー(ヴォルフスブルク)

マクシミリアン・アーノルド(ヴォルフスブルク)

ジョシュア・キミッヒ(バイエルン・ミュンヘン)

エムレ・ジャン(リバプール)

レロイ・サネ(シャルケ)

ヨハネス・ガイス(シャルケ)

マフムド・ダフード(ボルシアMG)

 

多くの有望選手が招集外となっています。

それでもオーバーエイジでベンダー兄弟を招集するなど大会屈指のメンバーでリオオリンピックに挑むことになりそうです。

スポンサーリンク

U-23ドイツ代表の注目選手

 

  1. ニルス・ペーターゼン
  2. ユリアン・ブラント
  3. マックス・マイヤー
  4. レオン・ゴレツカ

 

注目選手① ニルス・ペーターゼン

オーバーエイジで招集された27歳のペーターゼン。

 

189cmと長身ですがスピードとテクニックに優れた選手。
もちろん体格の良さを生かしたポストプレーも武器です。

 

2部コットブスでの活躍が認められ2011年にバイエルン・ミュンヘンに移籍。

バイエルンでは厚い選手層のため出場機会が少なかったですが
続くブレーメンではシーズン二桁得点を上げるなど活躍しています。

 

注目選手② ユリアン・ブラント

2015~16シーズンは28試合9ゴール。

27節から32節まで6試合連続でゴールを決めるなどシーズン後半は不動のレギュラーに定着。

 

ブラントの武器は卓越したテクニックとスピード。

独特なリズムからのドリブルでチャンスを量産します。

 

注目選手③ マックス・マイヤー

若い頃から年代別のドイツ代表で活躍し続けている技巧派MF。

早いテンポでもブレないテクニックはマリオ・ゲッツェを髣髴とさせます。

 

ラストパスの精度もかなり高いです。

 

将来のビッククラブ移籍も十分考えられます。

 

注目選手④ レオン・ゴレツカ

バラック2世として注目を集めるゴレツカ。

 

本家同様にミドルシュート、ヘディング、パスは高いレベルにあります。

 

マックス・マイヤーとはシャルケの同僚で同い年ということもあり大親友です。

 

最後までご覧頂きありがとうございました。

【関連記事】

久保裕也の年俸は?他のサッカー選手との比較から予想してみた!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です