藤平尚真の出身中学やシニアは?身長や高跳びの成績も紹介!

横浜高校のプロ注目の好右腕・藤平尚真投手。

 

絶対的エースとして横浜高校を3年ぶり16回目の夏の甲子園に導きました。

 

藤平投手自身もこれが初めての甲子園になります。

 

  1. 藤平尚真の出身中学やシニア
  2. 藤平尚真の身長や高跳びの成績

 

今回はこの2点について書きたいと思います。

スポンサーリンク

藤平尚真プロフィール

名前:藤平尚真(ふじひら しょうま)

生年月日:1998年9月21日

年齢:17歳

出身地:千葉県富津市

身長・体重:186cm・83kg

 

藤平尚真の出身中学やシニア

藤平投手は千葉県富津市出身。

 

吉野小学校1年生の頃から野球を始めました。

当時から周りの選手より速いボールを投げ込んでいたそうです。

 

出身中学は富津市立大貫中学校。

 

大貫中学時代は千葉市リトルシニアに在籍。

1学年先輩には昨年仙台育英で甲子園準優勝に輝いた正捕手・郡司裕也選手がいました。

 

中学時代、藤平投手のストレートは最速141キロに成長。

2年生の春には全国大会優勝に輝きます。

 

中学3年の秋にはU-15日本代表に選出。

堀江航平投手(秀岳館)や鈴木昭汰投手(常総学院)らがいましたが圧倒的な存在感を発揮していました。

 

多くの名門校から誘いを受けますが、中学卒業後は横浜高校進学を決意。

涌井投手や筒香選手などプロ野球で活躍する横浜高校OBのように渡辺監督(2015年勇退)の下で成長したという思いが強かったそうです。

 

ちなみに大貫中学の同級生には木更津総合高校の鳥海嵐万選手がいます。

鳥海選手は木更津総合のレギュラー選手として選抜にも出場。

 

木更津総合は千葉県大会を制し夏の甲子園に出場します。

甲子園での同級生対決なるか注目です。

[ad#co-1]

藤平尚真の身長や高跳びの成績

藤平投手の身長は186cm。

 

あくまで参考までに他の投手の身長も調べてみました。

主な投手の身長

寺島成輝(履正社)…182cm

早川隆久(木更津総合)…180cm

髙田萌生(創志学園)…178cm

藤嶋健人(東邦)…176cm

村上頌樹(智辯学園)…174cm

 

体格的にはかなり恵まれていると言えそうです。

 

また中学3年生の頃、陸上の走り高跳びでジュニアオリンピック優勝。

わずか2ヶ月半の練習で優勝したそうです。笑

 

走り高跳びを続けていれば東京オリンピックで見れたかもしれませんね。

ちなみにこの活躍を受け、約60校の強豪陸上部から誘いを受けたそうです。

 

この圧倒的な身体能力が藤平投手の投球を支えているのだと思います。

もちろん一冬で約10キロ体重が増えるほどの徹底的な体作りの成果でもあります。

 

ただ、これだけの身長と身体能力があると将来はメジャーリーグ挑戦なんてこともつい想像してしまいます。笑

 

まとめ

藤平尚真の出身中学は大貫中学校

千葉市リトルシニアに在籍

中学3年生の頃に走り高跳びでジュニアオリンピック優勝

 

恵まれた体格、高い身体能力を武器に夏の甲子園優勝なるか注目です。

 

最後までご覧頂きありがとうございました。

【関連記事】

早川隆久(木更津総合)の出身中学や姉は?プロ注目のドラフト候補!

【甲子園2016】高校野球神奈川大会の結果速報と組み合わせや日程を紹介!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です