鳴門高校野球部2016のメンバーと出身中学や監督を紹介!注目選手も

5年連続11回目の夏の甲子園に挑む徳島代表の鳴門高校。

 

昨年夏を経験したメンバーが多数います。

 

  1. 【夏の甲子園2016】鳴門高校野球部のメンバーと出身中学や監督
  2. 鳴門高校の注目選手

 

今回はこの2点について書きたいと思います。

スポンサーリンク

【夏の甲子園2016】鳴門高校野球部のメンバーと出身中学や監督

鳴門高校野球部夏の甲子園登録メンバーと出身中学

背番号1 河野竜生 3年 鳴門二中学

背番号2 佐原雄大 3年 藍住中学 徳島ホークス

背番号3 冨士佳資 2年 松茂中学 徳島ホークス

背番号4 鎌田航平 3年 上板中学

背番号5 武石蓮 2年 生光学園中学

背番号6 日野洸太郎 3年 藍住中学

背番号7 渡辺裕哉 3年 生光学園中学

背番号8 手束海斗 3年 大麻中学 ※キャプテン

背番号9 矢竹将弥 3年 生光学園中学

背番号10 浜礼人 3年 小松島中学

背番号11 中山晶量 3年 生光学園中学

背番号12 尾崎海晴 3年 鳴門一中学

背番号13 胡桃好伸 2年 高浦中学 徳島ホークス

背番号14 高井智也 3年 松茂中学 徳島東リトルシニア

背番号15 松本凌斗 3年 大麻中学

背番号16 中妻和哉 2年 大麻中学

背番号17 斎藤龍之輔 3年 鳴門一中学

背番号18 平川大貴 2年 三原中学(兵庫)

監督:森脇稔

※中学の所属クラブは明らかになっている選手のみ載せています。

※大会直前にメンバー変更が行われる可能性もあります。

出身地の内訳:徳島17名、兵庫1名

 

河野選手、佐原選手、鎌田選手、武石選手、日野選手、手束選手、矢竹選手、中山選手、尾崎選手、高井選手の10選手が昨年の甲子園を経験しています。

九州国際大付属に敗れ初戦敗退となりましたが、佐原選手、鎌田選手、武石選手、手束選手、矢竹選手が安打を記録しています。

 

森脇稔監督は選手時代鳴門高校でキャプテンを務めていました。

1985年から鳴門高校の監督を務め、一時離れるものの2007年から再度就任しています。

 

鳴門高校の主なOB

潮崎哲也(元西武ライオンズ)

スポンサーリンク

鳴門高校の注目選手は?

ここからは鳴門高校の注目選手を紹介したいと思います。

 

  1. 河野竜生
  2. 手束海斗

 

注目選手① 河野竜生

鳴門高校はまず経験豊富なエース・河野竜生投手に注目が集まります。

 

最速145キロのストレートとツーシーム、チェンジアップ、カーブなどの変化球を低めに集めて打者を打ち取ります。

 

1年生と2年生の夏の甲子園は登板するものの、ともに初戦敗退。

特に昨年は九州国際大付属を相手に7失点と悔しさの残る一戦となりました。

 

3度目のリベンジを目指します。

 

注目選手② 手束海斗

打撃陣は4番の手束海斗選手に注目。

 

高校通算本塁打は30本を超えています。

また徳島大会ではチーム唯一の本塁打を放ちました。

 

手束選手の前にランナーを溜めることが出来るかが一つ鍵となりそうです。

 

最後までご覧頂きありがとうございました。

徳島大会の結果はこちらにまとめています。

【甲子園2016】徳島大会の結果と日程や組み合わせを紹介!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です