中島翔哉は犬と公園で練習していた!?筋肉量も年々増加中!

U-23日本代表で10番を担うのがFC東京の中島翔哉選手。

 

身長は164cmと小柄ですが、テクニックは抜群で相手にとって脅威な選手です。

スポンサーリンク

中島選手はとにかくストイックな選手で、チームメイトに「練習の虫」と言われているそうなのです。

 

今回は幼少期のエピソード筋肉量からその真相に迫っていきたいと思います。

 

犬と公園で練習!?

中島選手は小学生の頃から地元チームでの練習が終わると、ペットの柴犬と公園で練習していたそうです。

dog-1063399_640

元ブラジル代表のロナウジーニョや日本代表の原口元気選手も犬と一緒に練習していたという話をテレビで見たことがあります。

 

きっと中島選手の巧みなドリブルのルーツもここにあるのかなと思います。

 

ちなみに実は私も犬と公園で練習していました(笑)

 

どうしてこんなに差がついたのでしょうか…。努力も才能も足りなかったのでしょう(笑)

 

ボールを動かしたり、ドリブルしていると犬って必死に追いかけてくるんですよね。

malinois-with-ball-662719_640

なので、犬を敵ディフェンダーと置き換えるとかなりの強敵になります。

 

小さくてスピードもあるということでイバン・コルドバに見立てていました(笑)

 

ボールしか見ていないのでフェイントが全く通じません(笑)

 

ほとんど負けましたが、ドリブルはかなり上達したと思います。

 

これけっこうおすすめなので犬を飼っている人は是非やってみてください。

スポンサーリンク

中島選手は他にも家の中でボールを触りながら移動したり、授業中もボールを触りながら聞いていたそうです。

 

代表でチームメイトの岩波拓也選手は「コンビニに行くときもリフティングしながら横断歩道を渡っていた」とテレビで話していました(笑)キャプテン翼の世界ですね(笑)

岩波拓也はスピード系の植田直通と相性抜群!身長は世界水準?

しかし、日頃からひたすらボールを触ることが上達の近道なのかもしれません。

 

それにしても幼少の頃から変わらず、四六時中サッカーのことだけを考えるストイックさは素晴らしいですね。

 

筋肉量がすごい!

中島選手は身長が164cmと小柄なので「どうせ海外では活躍できない」と思いがちですが、そう思うのは時期尚早です。

中島翔哉の高校時代の成績は?同じ身長の選手をまとめてみた!

中島選手の筋肉量は年々増加してきており、体の厚みには驚かされます。

 

家には筋トレ器具がたくさんあるそうで遠征先にも持っていくそうです。

 

ホテルでは筋トレばっかりしていると鎌田大地選手が話していました。

 

気になってFC東京の練習場を見に行ったことがあるのですが、本当に凄かったです。

 

画像や映像で見るよりも生で見たほうが数倍すごいので、興味のある方は是非練習場に行ってみてください。

 

一応、今シーズンのゴールシーンの映像を貼っておきます。

筋肉がついて体幹がしっかりしているからこそ小柄でも強烈なシュートを打つことが出来るのでしょう。

 

やはり、本当に練習以外のところでもサッカーの事しか頭にない選手のようですね。

 

「練習の虫」と言われる所以がわかったような気がします。

中島翔哉の性格は生意気!?かつては三浦監督との確執の噂も!

まとめ

幼少の頃は犬と公園で練習

筋肉量は年々増加しており、遠征先にも筋トレ器具を持っていく

 

中島選手のことを知っていくとどんどん応援していきたくなりますね。

 

最終予選での活躍も期待しています。

 

最後までご覧頂きありがとうございました。

【関連記事】

リオ五輪サッカー日本代表のオーバーエイジは誰になる?歴代選手は?

久保裕也と原川力は中学の同級生!なでしこの田中陽子も!?

リオ五輪サッカースウェーデン代表のメンバーは?注目選手紹介!

金森健志の彼女は内村麻美なのか?年俸やゴール動画も紹介!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です