ブンデスリーガの日本人選手一覧と出場試合数!2部の選手も紹介!

バイエルン・ミュンヘンの4連覇に終わった2015/16シーズン。

 

2016/17シーズンも多くの日本人選手がブンデスリーガでプレーします。

 

  1. ブンデスリーガ1部の日本人選手一覧と人数や出場試合数
  2. ブンデスリーガ2部の日本人選手一覧と人数

 

今回はこの2点について書きたいと思います。

スポンサーリンク

ブンデスリーガ1部の日本人選手一覧と人数や出場試合数!

2016/17シーズンのブンデスリーガ1部在籍の日本人選手は8人です。

1人ずつ紹介したいと思います。

 

日本人選手① 香川真司(ボルシア・ドルトムント)

生年月日・年齢:1989年3月17日・27歳

身長・体重:172cm・63kg

2015/16シーズンのリーグ戦成績:29試合9ゴール9アシスト

リーグ戦通算出場試合数(2015/16シーズンまで):106試合35ゴール

 

昨シーズンコンスタントに結果を残し続けた香川選手。

シーズン途中にはベンチ外もありましたが昨季のベストイレブンに選出されました。

 

2016/17シーズンはゲッツェ、シュールレ、デンベレら攻撃陣を大量補強。

昨シーズン以上の結果が求められそうです。

 

日本人選手② 内田篤人(シャルケ04)

生年月日・年齢:1988年3月27日・28歳

身長・体重:176cm・62kg

2015/16シーズンのリーグ戦成績:出場なし

リーグ戦通算出場試合数(2015/16シーズンまで):104試合1ゴール

 

膝の故障でしばらくプレーが出来ていない内田選手。

 

復帰時期は未定ですが今年中の復帰を期待したいと思います。

 

日本人選手③ 長谷部誠(フランクフルト)

生年月日・年齢:1984年1月18日・32歳

身長・体重:177cm・65kg

昨シーズンのリーグ戦成績:32試合1ゴール2アシスト

リーグ戦通算出場試合数(2015/16シーズンまで):214試合6ゴール

 

アルミン・フェー監督時代はサイドバックの起用も多かった長谷部選手ですが、

ニコ・コヴァチ監督就任以降は本職のボランチに定着しました。

 

奥寺康彦氏のブンデスリーガ出場234試合まで20試合に迫った長谷部選手。

日本人最多出場記録更新にも注目が集まるシーズンとなりそうです。

 

日本人選手④ 原口元気(ヘルタ・ベルリン)

生年月日・年齢:1991年5月9日・25歳

身長・体重:177cm・68kg

2015/16シーズンのリーグ戦成績:32試合2ゴール3アシスト

リーグ戦通算出場試合数(2015/16シーズンまで):53試合3ゴール

 

昨シーズンは飛躍の年となった原口選手。

リーグ屈指のスプリント回数と献身性でチームの上位進出に貢献しました。

 

今シーズンは得点、アシストなど目に見える結果がより求められそうです。

 

日本人選手⑤ 武藤嘉紀(マインツ)

生年月日・年齢:1992年7月15日・24歳

身長・体重:178cm・69kg

2015/16シーズンのリーグ戦成績:20試合7ゴール2アシスト

リーグ戦通算出場試合数(2015/16シーズンまで):20試合7ゴール

 

昨シーズン後半は怪我で戦線離脱したものの、海外初挑戦で見事な結果を残しました。

 

今シーズンは開幕戦でいきなりゴールを決めており得点量産の予感があります。

 

 

日本人選手⑥ 大迫勇也(ケルン)

生年月日・年齢:1990年5月18日・26歳

身長・体重:182cm73kg

2015/16シーズンのリーグ戦成績:25試合1ゴール1アシスト

リーグ戦通算出場試合数(2015/16シーズンまで):53試合4ゴール

 

本職のCFではなくトップ下やサイドでの起用も多いのが現状。

今シーズンこそ本職のポジションでの活躍を期待したいところです。

 

日本人選手⑦ 酒井高徳(ハンブルガーSV)

生年月日・年齢:1991年3月14日・25歳

身長・体重:176cm・74kg

2015/16シーズンのリーグ戦成績:22試合1アシスト

リーグ戦通算出場試合数(2015/16シーズンまで):109試合1ゴール

 

豊富な運動量とフィジカルの強さが持ち味の選手。

 

昨シーズン序盤はなかなか出場機会に恵まれませんでしたが、第20節以降は全試合でスタメン出場を果たしました。

今シーズンも不動のレギュラーとして期待を集めます。

 

日本人選手⑧ 宇佐美貴史(アウクスブルク)

生年月日・年齢:1992年5月6日・24歳

身長・体重:178cm・68kg

リーグ戦通算出場試合数(2015/16シーズンまで):23試合2ゴール

 

3年ぶりのドイツ復帰。

守備力を身につけつつ、持ち味の攻撃面での活躍に注目です。

スポンサーリンク

ブンデスリーガ2部の日本人選手一覧と人数や出場試合数!

2016/17シーズンのブンデスリーガ2部在籍の日本人選手は5人です。

 

日本人選手① 細貝萌(シュツットガルト)

リーグ戦通算出場試合数(2015/16シーズンまで):102試合3ゴール

 

トルコでのプレーを経てブンデス復帰。

恩師ルフカイ監督の下、1年での昇格を目指します。

 

日本人選手② 浅野拓磨(シュツットガルト)

今夏アーセナル移籍となりましたが、労働許可が下りずシュツットガルトに。

海外初挑戦ということもあり、細貝選手の存在は大きそうです。

 

日本人選手③ 山田大記(カールスルーエSC)

リーグ戦通算出場試合数(2015/16シーズンまで):65試合9ゴール

 

ブンデス3年目となる山田選手。

昨シーズンは31試合3ゴール2アシストの活躍でした。

 

日本人選手④ 宮市亮(ザンクト・パウリ)

リーグ戦通算出場試合数(2015/16シーズンまで):6試合2ゴール

 

昨シーズン終盤に怪我から復帰し、得点も決めました。

今シーズンは完全復活に注目です。

 

日本人選手⑤ 金城ジャスティン俊樹(フォルトゥナ・デュッセルドルフ)

東京五輪世代のボランチ。

昨年は1860ミュンヘンの下部組織でプレーしていました。

東京五輪へ向けどのような成長を遂げるのか楽しみな選手です。

 

その他、下部組織には伊藤達哉選手(ハンブルガーSV)と伊藤遼哉選手(フォルトゥナ・デュッセルドルフ)が在籍しておりトップチームでのプレーを目指しています。

 

まとめ

ブンデスリーガ1部の日本人選手は8名

ブンデスリーガ2部の日本人選手は5名

 

最後までご覧頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です