サッカータイ代表のメンバーとFIFAランキングや監督を紹介!

2016年9月に開幕するロシアワールドカップアジア最終予選。

 

今回は日本と同じグループBのタイ代表について調べてみました。

 

  1. サッカータイ代表のメンバーと注目選手
  2. タイ代表の監督
  3. タイ代表のFIFAランキング

 

今回はこの3点について書きたいと思います。

スポンサーリンク

サッカータイ代表のメンバーと注目選手

GK

カウィン・タマサチャナン(ムアントン・ユナイテッド)

コシン・ハタイナラタクール(スパンブリー)

チャニン・サエイアル (チョンブリ)

DF

ティーラトン・ブンマタン(ムアントン・ユナイテッド)

ペラパト・ノトチャイヤ(ムアントン・ユナイテッド)

アディソン・プロムラク(ムアントン・ユナイテッド)

トリスタン・ド(ムアントン・ユナイテッド)

ナルバディン・ウィーラワットノドム(ブリーラム・ユナイテッド)

コラヴィット・ナムウィセット(ブリーラム・ユナイテッド)

プラトゥム・チュトン(チェンライ・ユナイテッド)

ミカ・チュヌオンシー(バンコク・ユナイテッド)

MF

チャナティップ・ソンクラシン(ムアントン・ユナイテッド)

サラク・ユーユェン(ムアントン・ユナイテッド)

タナボーン・ケセラト(ムアントン・ユナイテッド)

クルークリット・タウィカン(チョンブリ)

ポックロー・アナン(チョンブリ)

プラキット・ディープロム(チョンブリ)

サラウート・マスク(バンコク・グラス)

モンコル・トッサクライ(チェンライ・ユナイテッド)

シャリル・シャピュイ(スパンブリー)

FW

ティーラシン・デンダー(ムアントン・ユナイテッド)

シロク・チャットン(ウボンUMTユナイテッド)

タナー・チャナブット(タイ・ポート)

 

招集メンバーすべてが国内組。

ムアントン・ユナイテッド所属の選手が9人選出されています。

 

タイ代表の注目選手

注目選手①チャナティップ・ソンクラシン

生年月日:1993年10月5日

年齢:22歳

 

タイのメッシの異名を誇るスター選手。

 

身長は158cmと小柄。

ですが、ドリブル、シュート、パスどれをとっても高いレベルにあります。

 

ドリブルでの仕掛けでチャンスを作るだけでなく、中盤からゲームメイクが出来るようになったのも強みだと思います。

 

注目選手②ティーラシン・デンダー

生年月日:1988年6月6日

年齢:28歳

 

高さ(181cm)、ドリブル、パス、スピード、そして得点力全てを兼ね備えた万能型のFW。

現在、ティーラシンと同じチームでプレーする青山直晃選手(元清水、横浜など)が完璧に近いと賞賛するほどのストライカーです。

 

2014/15シーズンはリーガ・エスパニョーラのアルメリアへ移籍。

タイ人選手史上初となるスペイン1部でのプレーとなりました。

 

この2選手の他に、左サイドバックのティーラトン・ブンマタンも警戒が必要な選手。

昨年のACLガンバ大阪戦でフリーキックとコーナーキックから直接ゴールを決めており左足の精度にはかなり定評があります。

スポンサーリンク

タイ代表の監督

タイ代表の監督はキャティサック・セーナームアン監督。

 

キャティサック監督は選手時代”ジーコ”の愛称で親しまれた名FW。

タイ代表では134試合71ゴールと驚異的な数字を残しています。

 

引退後はタイやベトナムのクラブで監督を務めた後、2014年からタイ代表の監督に就任しています。

 

 

タイ代表のFIFAランキング

タイ代表の最新のFIFAランキングは120位(2016年8月現在)。

 

アジアでは18番目に位置しグループBの中でも最も順位は低いです。

ただ、格下と甘く見ると各国痛い目にあいそうな予感があります。

 

ちなみにタイ代表の過去最高の順位は1998年9月の43位です。

日本代表との対戦成績は日本の14勝4分2敗です。

 

最後までご覧頂きありがとうございました。

【関連記事】

サッカーUAE代表のメンバーとFIFAランキングや監督を紹介!

ロシアワールドカップアジア最終予選の日程や組み合わせ!出場条件は?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です