U-16アジア選手権の放送予定と日程や日本代表メンバーを紹介!

9月16日からインドで開幕するサッカーU-16アジア選手権2016。

 

この大会の上位4チームが来年のU-17ワールドカップインド大会の出場権を獲得します。(インドがベスト4に入った場合は5チーム)

 

また、この世代は4年後の東京オリンピックでも選出対象となる世代です。

東京オリンピック世代の選手達がどんな活躍を見せるのか注目が集まっています。

 

そこで今回は

  1. U-16アジア選手権の放送予定と日程
  2. U-16アジア選手権過去の日本代表成績
  3. U-16日本代表のメンバー

この3点について書きたいと思います。

スポンサーリンク

U-16アジア選手権の放送予定と日程

 

グループリーグ日程と放送予定

9月16日(金)

日本7-0ベトナム

得点:久保建英(16分・64分)、福岡慎平(24分・51分)、宮代大聖(40分)、監物拓歩(79分)、山田寛人(85分)

放送予定

テレ朝チャンネル2(生中継) 23:25~1:40

NHKBS(録画) 26:00~27:50

 

9月19日(月)

日本8-0キルギス

得点:棚橋尭士(34分・54分・80分)、久保建英(42分・92分)、中村敬斗(43分・52分)、鈴木冬一(57分)

放送予定

テレ朝チャンネル2(生中継) 19:25~21:40

NHKBS1(録画) 26:00~27:50

 

9月22日(木)

日本6-0オーストラリア

得点:上月荘一郎(4分、82分)、宮代大聖(54分)、瀬畠義成(56分)、松本凪生(64分)、棚橋桒士(86分)

放送予定

テレ朝チャンネル2(生中継) 19:25~21:40

NHKBS1(録画) 25:00~26:50

 

ちなみに他のグループの組み合わせは以下の通りになっています。

グループA

イラン(1位)UAE(2位)、サウジアラビア(3位)、インド(4位)

グループC

オマーン(1位)イラク(2位)、韓国(3位)、マレーシア(4位)

グループD

ウズベキスタン(1位)北朝鮮(2位)、イエメン(3位)、タイ(4位)

 

決勝トーナメントの日程と放送予定

準々決勝

9月25日(日)

日本1-0UAE

得点:瀬古歩夢(31分)

放送予定

テレ朝チャンネル2(生中継) 23:25~25:40

NHKBS1(録画) 26:00~

9月25日

イラン5-0ベトナム

9月26日

オマーン1-1(PK2-4)北朝鮮

ウズベキスタン0-2イラク

 

準決勝

7月29日(木)

日本2-4イラク

得点:山田寛人(29分、42分)

放送予定

テレ朝チャンネル2(生中継) 19:25~21:40

イラン1-1(PK6-5)北朝鮮

 

決勝

10月2日(日)

イラク0ー0(PK4-3)イラン

放送予定

テレ朝チャンネル2(生中継) 21:25~11:40

スポンサーリンク

U-16アジア選手権過去の日本代表成績

1994年…優勝(高原直泰、稲本潤一、小野伸二) U-17W杯:GL敗退

1996年…4位(市川大祐)

1998年…GL敗退(佐藤寿人、富澤清太郎)

2000年…3位(藤本淳吾、成岡翔、徳重健太) U-17W杯:GL敗退

2002年…GL敗退(高萩洋次郎、細貝萌、丹羽大輝、前田俊介)

2004年…GL敗退(内田篤人、倉田秋、権田修一)

2006年…優勝(柿谷曜一朗、水沼宏太、山田直輝) U-17W杯:GL敗退

2008年…ベスト4(柴崎岳、宇佐美貴史、宮市亮、杉本健勇) U-17W杯:GL敗退

2010年…ベスト4(南野拓実、植田直通、岩波拓也、中村航輔) U-17W杯:ベスト8

2012年…準優勝(杉本太郎、中谷進之介、宮原和也) U-17W杯:ベスト16

2014年…ベスト8(堂安律)

 

日本の優勝は過去2回。

近年日本の育成年代の弱体化が叫ばれていますがU-16に関しては好成績を収めています。

 

U-16日本代表メンバー

GK

背番号1 谷晃生(ガンバ大阪ユース)

背番号12青木心(JFAアカデミー福島U18)

背番号23大内一生(横浜FCユース)

DF

背番号2 桂陸人(サンフレッチェ広島ユース)

背番号3 小林友希(ヴィッセル神戸U-18)

背番号5 瀬古歩夢(セレッソ大阪U-18)

背番号7 菅原由勢(名古屋グランパスU18)

背番号16 監物拓歩(清水エスパルスユース)

背番号19 菊地健太(JFAアカデミー福島U18)

背番号20 西尾隆矢(セレッソ大阪U-15)

背番号21 作田龍太郎(ヴィッセル神戸U-18)

MF

背番号4 平川怜(FC東京U-18)

背番号6 喜田陽(セレッソ大阪U-18)

背番号8 鈴木冬一(セレッソ大阪U-18)

背番号10 福岡慎平(京都サンガF.C.U-18)

背番号15 上月壮一郎(京都サンガF.C.U-18)

背番号17 瀬畠義成(JFAアカデミー福島U18)

背番号22 谷本駿介(セレッソ大阪U-18)

FW

背番号9 久保建英(FC東京U-18)

背番号11 宮代大聖(川崎フロンターレU-18)

背番号13 中村敬斗(三菱養和SCユース)

背番号14 棚橋尭士(横浜F・マリノスユース)

背番号18 山田寛人(セレッソ大阪U-18)

監督

森山佳郎

 

注目はFC東京U-18の平川怜選手と久保建英選手。

 

平川選手は的確なパスとポジショニングが武器のボランチ。

久保選手はテクニックと決定力に定評があります。

中学3年生ながらU-18クラブユース選手権で得点王を獲得するという離れ業をやってのけました。

 

準決勝の川崎フロンターレU-18戦では久保選手、平川選手ともに見事なゴールを決めています。

 

すでに2選手とも2種登録をしておりJリーグにも出場可能です。

2人の逸材がどんな活躍を見せるのか注目です。

 

最後までご覧頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です