高校野球秋季熊本大会2016の結果速報と日程や組み合わせを紹介

9月17日から開幕する高校野球秋季熊本大会2016。

 

熊本大会は春夏甲子園ベスト4の秀岳館が新チームも勝ち上がるのか、それとも他チームが秀岳館の勢いを止めるのかに注目が集まります。

 

優勝校と準優勝校が10月22日から大分県で行われる九州大会に進出します。

 

  1. 高校野球秋季熊本大会の結果速報と組み合わせや日程
  2. 高校野球秋季熊本大会の注目校

 

今回はこの2点について書きたいと思います。

スポンサーリンク

高校野球秋季熊本大会の結果速報と組み合わせや日程

秋季熊本大会の組み合わせと日程

※随時結果速報も更新していきます。

※雨天順延により日程が変更になっている場合があります。

 

熊本大会Aブロック日程

1回戦

9月17日(土)

熊本国府11-0天草工 ※5回コールド

松橋0-11千原台 ※5回コールド

熊本工10-0天草拓心 ※5回コールド

玉名0-1熊本農

9月19日(月)

済々黌1-5菊池

有明8-1八千代清流 ※7回コールド

高専八代0-5芦北

2回戦

9月23日(金)

文徳4-1熊本国府

千原台3-5熊本工

菊池5-6熊本農

有明11-1芦北 ※5回コールド

3回戦

9月26日(月)

文徳2-4熊本工

熊本農0-3有明

 

熊本大会Bブロック日程

1回戦

9月17日(土)

熊本12-3鹿本 ※7回コールド

甲佐12-1御船 ※5回コールド

9月19日(月)

阿蘇中央0-13専大玉名 ※5回コールド

鎮西5-10東海大星翔

八代農0-13上天草 ※5回コールド

球磨工9-1真和 ※7回コールド

ルーテル学院11-1菊池農 ※6回コールド

2回戦

9月24日(土)

専大玉名3-2熊本 ※延長12回

甲佐3-10東海大星翔 ※8回コールド

上天草0-7球磨工 ※7回コールド

ルーテル学院10-0南稜 ※6回コールド

3回戦

9月26日(月)

専大玉名6-8東海大星翔

9月27日(火)

球磨工3-2ルーテル学院

 

熊本大会Cブロック日程

1回戦

9月21日(水)

熊本北2-10八代 ※7回コールド

鹿本商工0-10城北 ※6回コールド

学園大付11-1天草・倉岳 ※6回コールド

玉名工11-4高専熊本 ※8回コールド

必由館11-1鹿本農 ※5回コールド

矢部0-10秀岳館 ※5回コールド

9月22日(木)

熊本第一8-6大津

2回戦

9月24日(土)

八代東5-3八代

城北3-6学園大付

9月25日(日)

玉名工10-4必由館

秀岳館15-1熊本第一 ※5回コールド

3回戦

9月27日(火)

八代東8-5学園大付

玉名工1-6秀岳館

 

熊本大会Dブロック日程

1回戦

9月22日(木)

水俣7-6熊本商 ※延長10回

多良木11-4人吉

小川工5-4翔陽

宇土8-0八代工 ※7回コールド

小国0-10熊本西 ※5回コールド

9月23日(金)

熊本第二7-4牛深

開新4-8九州学院

2回戦

9月25日(日)

水俣2-9多良木 ※7回コールド

小川工3-12宇土 ※7回コールド

熊本西3-1熊本第二

九州学院7-0東稜 ※7回コールド

3回戦

9月28日(水)

多良木9-0宇土 ※7回コールド

熊本西0-12九州学院

 

準々決勝以降の日程と組み合わせ

準々決勝

9月30日(金)

八代東1-8秀岳館 ※7回コールド

10月1日(土)

熊本工6-0有明

東海大星翔5-3球磨工

多良木1-11九州学院 ※6回コールド

準決勝

10月8日(土)

熊本工6-1東海大星翔

秀岳館1-0九州学院

決勝

10月9日(日)

熊本工3-6秀岳館

熊本工と秀岳館が秋季九州大会に出場!

スポンサーリンク

熊本大会の注目校

ここからは熊本大会の注目校を紹介したいと思います。

 

注目校① 秀岳館

夏の県大会王者、そして甲子園ベスト4の秀岳館は秋季大会でも大本命と言えそうです。

 

旧チームでも3番を務めた木本選手は右の強打者。

力強いスイングと打撃センスが売りで甲子園でも存在感を放ちました。

 

その他、広部選手、半情選手、田浦投手、川端投手らも経験豊富。

彼らが新チームをどう引っ張っていくか楽しみです。

 

注目校② 九州学院

九州学院は村上宗隆選手に注目が集まります。

 

豪快なスイングと正確なバットコントロールを兼ね備えた好打者で1年生から4番を任されています。

無安打に終わったものの1年生で夏の甲子園も経験しています。

 

キャッチャー、そしてキャプテンとしてもチームを引っ張る存在です。

 

投手陣は夏を経験した藤嶽投手が中心になりそうです。

184cmの体格から放たれるボールには将来性を感じさせます。

 

注目校③ 熊本工業

好投手・山口翔を擁する熊本工業も優勝候補。

 

この夏は2回戦の八代東戦で16奪三振1失点完投勝利。

 

準々決勝の秀岳館戦では5失点したものの自己最速の144キロをマークし延長10回の大激戦を繰り広げました。

ただ、最後は自らの押し出しデッドボールでサヨナラ負けを喫しており秀岳館へのリベンジの思いは強いでしょう。

 

最後までご覧頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です