高校野球秋季埼玉大会の結果速報と日程や組み合わせを紹介

10月22日から開幕する高校野球秋季埼玉大会2016。

 

今年の埼玉は各校のレベルが高く

どこが勝ち上がってもおかしくない大激戦区です。

 

秋季関東大会へは上位2チームが進出。

開催地だった昨年は浦和学院(1位)、花咲徳栄(2位)、春日部共栄(3位)が関東大会に出場しました。

 

今年はどのチームが勝ち上がるのでしょうか。

 

  1. 高校野球2016埼玉大会の結果速報と組み合わせや日程
  2. 埼玉大会の注目校

 

今回はこの2点について書きたいと思います。

スポンサーリンク

高校野球秋季埼玉大会2016の結果速報と組み合わせや日程

埼玉大会の組み合わせと日程

※随時結果速報も更新していきます。

 

Aブロック日程

1回戦

9月24日(土)

叡明5-7正智深谷

2回戦

9月24日(土)

聖望学園3-1桶川 ※8回降雨コールド

浦和実8-6昌平

9月25日(日)

川越工3-1正智深谷

立教新座1-0川口

3回戦

9月27日(火)

聖望学園3-5浦和実 ※延長10回

川越工2-3立教新座

 

Bブロック日程

1回戦

9月24日(土)

大宮北2-7大宮東

山村国際3-4春日部東

2回戦

9月25日(日)

草加西1-6星野

越ヶ谷5-2大宮東

早大本庄3-11春日部東 ※7回コールド

川越東2-9浦和学院 ※8回コールド

3回戦

9月27日(火)

星野3-1越ヶ谷

浦和学院4-1春日部東

 

Cブロック日程

1回戦

9月24日(土)

熊谷南2-7市川越

2回戦

9月24日(土)

春日部共栄5-4本庄東

9月25日(日)

春日部4-2細田学園

大宮南4-0川口工

ふじみ野9-3市川越

3回戦

9月27日(火)

春日部共栄8-1春日部 ※7回コールド

ふじみ野1-0大宮南

 

Dブロック日程

1回戦

9月24日(土)

所沢3-7本庄一

2回戦

9月24日(土)

開智6-4埼玉平成

9月25日(日)

慶応志木1-9花咲徳栄 ※7回コールド

小鹿野8-1白岡 ※8回コールド

鴻巣3-8本庄一

3回戦

9月27日(火)

小鹿野10-11本庄一

開智3-10花咲徳栄

 

準々決勝以降の日程と組み合わせ

準々決勝

9月29日(木)

浦和実5-4立教新座 ※延長11回

星野2-9浦和学院 ※7回コールド

春日部共栄3-2ふじみ野

本庄一5-6花咲徳栄

準決勝

10月8日(土)

浦和実0-8浦和学院 ※7回コールド

10月9日(日)

春日部共栄0-8花咲徳栄 ※7回コールド

決勝

10月10日(月)

浦和学院4-3花咲徳栄 ※延長11回サヨナラ

浦和学院と花咲徳栄が関東大会出場

[ad#co-1]

埼玉大会の注目校

ここからは埼玉大会の注目校を紹介したいと思います。

 

注目校① 花咲徳栄

春夏甲子園出場の花咲徳栄は綱脇投手、清水投手の両右腕が残っています。

綱脇投手は制球力があり、清水投手は球威のあるストレートが持ち味です。

 

打線は旧チームからレギュラーの千丸選手、愛川選手が柱。

特に愛川選手は4番打者として夏の甲子園10打数6安打4打点の活躍を見せました。

 

愛川選手を中心とした強力打線で2年連続の秋季関東大会出場を狙います。

 

注目校② 浦和学院

浦和学院は清水投手、佐野投手の2枚看板が強み。

 

野手陣は蛭間拓哉選手が打線を引っ張ります。

1年生ながら夏の大会で4番を任された逸材で

思い切りのいいスイングが持ち味の強打者です。

 

初戦は強豪の川越東といきなり対戦。

厳しい戦いが予想されます。

 

注目校③ 大宮東

夏ベスト4に進出した大宮東は旧チームから主軸の

エース菅原投手と緒方選手が投打の柱となります。

 

菅原投手は制球力があり安定感抜群です。

ピンチの場面でも落ち着いた投球が出来るのも強みです。

 

緒方選手は走攻守三拍子揃った大型野手。

夏の大会は本塁打を2本放ちました。

 

早大本庄、山村国際、春日部東、川越東、浦和学院らがひしめく激戦区をどう戦い抜くか注目です。

 

最後までご覧頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です