高校野球秋季東海大会2016の結果速報と日程や組み合わせを紹介

10月22日から開幕する高校野球秋季東海大会2016。

 

昨年は藤嶋健人選手擁する東邦が優勝、三重のいなべ総合が準優勝に輝き選抜出場を果たしました。

 

今年の秋季東海大会は初出場校が4校も登場。

伝統校が順当に勝ち上がるのか、
それとも新鋭校が県大会の勢いのまま躍進を続けるのか注目が集まります。

 

そこで今回は

  • 高校野球秋季東海大会の結果速報と組み合わせや日程
  • 秋季東海大会の注目校

この2点について書きたいと思います。

スポンサーリンク

高校野球秋季東海大会2016の結果速報と組み合わせや日程

秋季東海大会の出場校

静岡:聖隷クリストファー(初出場)、藤枝明誠(2年連続2回目)、静岡(2年ぶり21回目)

三重:海星(3年連続24回目)、菰野(4年ぶり7回目)、三重(2年連続30回目)

岐阜:多治見(初出場)、麗澤瑞浪(初出場)、美濃加茂(17年ぶり7回目)

愛知:中京大中京(3年ぶり37回目)、桜丘(初出場)、至学館(5年ぶり7回目)

 

秋季東海大会の組み合わせと日程

※随時結果速報も更新していきます。

 

秋季東海大会Aブロック日程

1回戦

10月22日(土)

桜丘(愛知2位)1-4静岡(静岡3位)

麗澤瑞浪(岐阜2位)0-1三重(三重3位)

 

2回戦

10月23日(日)

海星(三重1位)1-8静岡 ※8回コールド

聖隷クリストファー(静岡1位)3-5三重

 

秋季東海大会Bブロック日程

1回戦

10月22日(土)

藤枝明誠(静岡2位)5-1美濃加茂(岐阜3位)

菰野(三重2位)0-9至学館(愛知3位) ※7回コールド

 

2回戦

10月23日(日)

中京大中京(愛知1位)4-1藤枝明誠

多治見(岐阜1位)1-2至学館

 

準決勝以降の組み合わせと日程

準決勝

10月29日(土)

静岡9-2三重 ※8回コールド

中京大中京3-4至学館 ※9回サヨナラ

決勝

10月30日(日)

静岡5-1至学館

選抜高校野球2017の出場校予想と選考基準!

[ad#co-1]

秋季東海大会の注目校

ここからは秋季東海大会の注目校を紹介したいと思います。

 

 

注目校① 中京大中京

激戦区・愛知県大会を制した中京大中京。

 

新チームも4番鵜飼選手を中心に強力打線が持ち味です。

 

投手陣は右の香村篤史投手、左の磯村峻平投手の2枚看板が柱。

香村投手、磯村投手ともに130キロ台中盤のキレのあるストレートを軸に打者を打ち取ります。

 

注目校② 聖隷クリストファー

近年、実力をつけている聖隷クリストファー高校。

 

野手陣の注目は3番ショートの安井琢真選手。

走攻守三拍子そろっておりセンスの光るバッティングと堅実な守備でチームを支えます。

 

投手陣はエースの河合投手に注目。

制球力があり打たせて取るピッチングが持ち味の投手です。

 

悲願の甲子園初出場を目指します。

 

注目校③ 美濃加茂

岐阜3位として出場する美濃加茂はエースの池戸投手に注目。

 

旧チームから2枚看板の一人として活躍した左腕で
秋季東海大会出場の立役者となりました。

 

130キロ前後のキレのあるボールが持ち味で手足の長さも魅力的です。

 

池戸投手の力投と堅実な守備を軸に甲子園出場なるか注目です。

 

最後までご覧頂きありがとうございました。

【関連記事】

高校野球秋季関東大会2016の結果速報と組み合わせや日程を紹介

高校野球秋季近畿大会2016の結果速報と組み合わせや日程を紹介

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です