宇佐美貴史移籍は2016年の夏が濃厚!?ドイツ復帰が理想か!

ガンバ大阪のエース宇佐美貴史選手。

usami2

引用元:http://www2.gamba-osaka.net/club/player39.html

2015年シーズンは公式戦27ゴールをあげ、天皇杯連覇に大きく貢献しました。

 

今回は宇佐美貴史選手の移籍の話について調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

移籍は2016年の夏が濃厚!?

2016年冬での海外移籍の可能性もありましたが、残留することを決めたようです。

 

この冬噂になったチームをまとめると

マルセイユ(フランス)

PSV(オランダ)

フランクフルト(ドイツ)

シュツットガルト(ドイツ)

 

この中で有力だったのがマルセイユだったのですが、現在のフランス情勢が心配で宇佐美側が消極的だったようです。

 

いくら海外の経験があるとはいえ、流石に今のフランスに行くのは少し怖いはずです。

 

ただ、レアル・マドリードからレンタル移籍しているブラジルの至宝ルーカス・シウヴァとのプレーを見たかったですね。

 

その他のチームとは違約金がネックになっていたようです。

 

しかし、冬に移籍しないのは賢明だと思います。

 

シーズン途中でチームに溶けこむことになるので準備期間も少ないですし、現在の宇佐美選手には1年間戦った疲労が蓄積されています。

 

特に2015年は代表戦も含めると60試合以上の試合をこなしています。

 

ACL、代表戦のアウェーゲームは長距離移動を強いられるので、疲労感は想像以上だと思います。

 

実際、Jリーグの後半戦は疲労の影響なのか、なかなか得点を上げられなかった印象があります。

 

なので、この冬に移籍しても満足する結果が残せない可能性が高いです。

 

冬は日本でしっかりコンディション調整して、半年ほどプレーしてからの海外移籍の方が活躍出来ると思います。

 

新スタジアムでプレーできるというメリットもあります。

 

2016年夏の移籍を期待しましょう。

今シーズンのベストゴール

ドイツ復帰が理想?

宇佐美選手の理想の移籍先を少し考えてみたいと思います。

 

まずプレミアリーグ、セリエAの移籍は控えたほうがいいような気がします。

 

プレミアリーグは宇佐美選手のフィジカル面がネックで必ず怪我をすると思います。

スポンサーリンク

セリエAは守備的でプレッシャーが激しいため、あまり得点できない可能性があります。

宇佐美選手の得点を見たい私にとってはあまり行ってほしくないリーグです(笑)

 

宇佐美選手の攻撃力を最大限発揮するなら、

この冬噂のあったオランダのPSVはかなりいいと思います。

 

オランダのチームは基本的に前線の選手に守備を要求しないので、伸び伸びプレーできると思います。

 

しかし、日本代表のレギュラーとして活躍したいなら守備力は必須です。

 

守備力も鍛えるならやはりドイツのブンデスリーガがいいのではないでしょうか。

 

サイドの選手も献身的に守備をしないとダメですし、その中で得点・アシストという結果が求められるのがブンデスだと思います。

 

スペインも面白そうな気もしますが、

やはりドイツ復帰が理想になってきそうです。

 

 

追記:この夏、ドイツ1部のアウクスブルクへの移籍が決定しました。

6月25日の名古屋グランパス戦が移籍前ラストゲームになります。

 

最後までご覧頂きありがとうございました。

【関連記事】

原川力のプレースタイルは?川崎フロンターレに完全移籍!!

ロシアワールドカップアジア最終予選の日程や組み合わせ!ワールドカップ出場条件は?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です