選抜高校野球2017の出場校予想と選考基準!関東や近畿の行方は?

選抜高校野球2017の重要な資料となる秋季大会が終了。

 

選抜出場に当確ランプが灯ったチームもあれば当落線上にいるチームもあります。

 

そこで今回は選抜高校野球2017の出場校を予想!

気になる選考基準も紹介したいと思います。

スポンサーリンク

選抜高校野球の選考基準

各県代表が出場する夏の大会とは違い選抜は選考委員会によって出場校(32校)が決まります。

選考は「一般選考枠」「明治神宮大会枠」「21世紀枠」の3パターンがありますので1つずつ見ていきたいとも思います。

 

まず「一般選考枠」。

各地区に選考枠があり、「秋季大会の成績」「地域性」を考慮しながら出場校を决定していきます。

 

各地区の選考枠

  • 北海道地区…1校
  • 東北地区…2校
  • 関東地区・東京地区…6校
  • 東海地区…2校
  • 北信越地区…2校
  • 近畿地区…6校
  • 中国地区・四国地区…5校
  • 九州地区…4校

 

成績だけでなく地域性も考慮されるため、同県の高校が上位を占める場合は下位の高校が逆転選出される可能性もあります。

 

次に2003年に誕生した「明治神宮大会枠」。

11月の明治神宮大会で優勝した高校の地区の一般選考枠が1枠増えます。

 

今大会は大阪の履正社高校が優勝したため、近畿地区の選考枠が6枠から7枠になりました。

 

最後は2001年設立の「21世紀枠」。

文武両道、ボランティア活動、部員不足や豪雪地帯など野球以外の部分で他校の模範となる高校が3校選出されます。

 

推薦を受けるには県大会ベスト8(出場校の多い県はベスト16)以上が条件となります。

 

21世紀枠というと公立高校のイメージが強いですが2013年には私立土佐高校が出場。

また各県が選ぶ候補校では私立高校も多く選出されています。

[ad#co-1]

選抜高校野球2017の出場校予想

各地区の結果を参考に選抜2017の出場校を予想したいと思います。

北海道地区

北海道大会
優勝:札幌第一、準優勝:札幌日大、ベスト4:稚内大谷、遠軽

選抜一般選考枠:1
当確:札幌第一

私の予想:札幌第一

 

北海道地区は札幌第一の2年連続出場がほぼ確定。

2回戦の白樺学園こそ苦戦したもののその他の試合は盤石のゲーム運びで2年連続優勝を果たしました。

W左腕の冨樫選手、前田選手や1年生スラッガーの柴田選手など能力の高い選手が揃います。

高校野球秋季北海道大会2016の組み合わせと結果

 

東北地区

東北大会
優勝:仙台育英、準優勝:盛岡大付、ベスト4:酒田南、聖光学院

選抜一般選考枠:2
当確:仙台育英、盛岡大付

私の予想:仙台育英、盛岡大付

 

一般選考枠2の東北地区は仙台育英、盛岡大付属の2校がほぼ当確。

昨年は青森山田、八戸学院光星の青森県勢2校が出場しましたが、今年は地域性も問題ありませんね。

 

仙台育英は本格派左腕・長谷川投手が東北大会でも好投。

最速140キロの速球を武器に三振の山を築きます。

 

盛岡大付属は植田選手、三浦投手ら夏の甲子園を経験した選手が残っています。

高校野球秋季東北大会2016の組み合わせと結果

 

関東地区

関東大会
優勝:作新学院、準優勝:東海大市原望洋、ベスト4:健大高崎、前橋育英、ベスト8:横浜、中央学院、慶応、山梨学院

選抜一般選考枠:4or5
当確:作新学院、東海大市原望洋、健大高崎、前橋育英
当落線上:慶応、山梨学院、横浜、中央学院

私の予想:作新学院、東海大市原望洋、健大高崎、前橋育英

 

ベスト4の4校はほぼ当確。

関東5枠目は慶応、山梨学院のどちらかになると予想しています。

ただ、東京2位の日大三高が東京大会決勝で激闘を見せたこともあり日大三高が選ばれそうな気がします。

 

横浜は県大会決勝で慶応に敗れており、中央学院は同じ千葉県の東海大市原望洋が準優勝しているのでちょっと厳しそうな印象です。

 

ちなみに夏の甲子園王者の作新学院はエースの大関投手が3試合連続完投で秋季関東大会を制覇。

新チームでもレベルの高さを見せつけました。

 

また東海大市原望洋の金久保投手は最速147キロのストレートとキレのあるスライダーが武器。

選抜でも楽しみな投手です。

高校野球秋季関東大会2016の組み合わせと結果

 

東京地区

東京大会
優勝:早稲田実業、準優勝:日大三高、ベスト4:日野、国士舘

一般選考枠:1or2
当確:早稲田実業
当落線上:日大三

私の予想:早稲田実業、日大三

 

東京大会優勝の早稲田実業は文句なしの選出。

気になるのは日大三高。

 

早稲田実業との決勝ではサヨナラ負けで終わったものの、優勝校を最後まで追い詰めた戦いぶりは十分な評価に値するでしょう。

 

東京代表の2校出場はここ10年で6度あり、今回も日大三高が選ばれる確率は高いと思います。

 

清宮選手から5奪三振を奪った櫻井投手や193cmの大型バッター・金成選手ら早稲田実業に負けないくらいタレントが揃っているので是非甲子園で見たいチームです。

高校野球秋季東京大会2016の組み合わせと結果

 

東海地区

東海大会
優勝:静岡、準優勝:至学館、ベスト4:中京大中京、三重

選抜一般選考枠:2
当確:静岡、至学館

私の予想:静岡、至学館

 

東海地区は優勝の静岡、準優勝の至学館でほぼ決まり。

 

静岡は140キロを超える速球が武器の池谷投手とU-15日本代表のメンバーだった竹内投手の2枚看板が強力です。

 

至学館は県大会から愛工大名電、東邦、享栄、中京大中京といった強豪校を倒しての準優勝。

この4校とはすべて1点差ゲームで勝利しており、選抜でもミラクル劇場を見せられるか注目です。

高校野球秋季東海大会2016の組み合わせと結果

 

北信越地区

北信越大会
優勝:福井工大福井 準優勝:高岡商業 ベスト4:日本文理、日本航空石川

一般選考枠:2
当確:福井工大福井、高岡商業

私の予想:福井工大福井、高岡商業

 

過去に北信越大会優勝校が選出されなかった前例はないため福井工大福井の選出は当確。

また地域性も問題ないので準優勝の高岡商業が2校目として選ばれるでしょう。

 

福井工大福井は前回の選抜を経験した北川選手、山内選手ら経験豊富な選手が揃います。

 

近畿地区

近畿大会
優勝:履正社 準優勝:神戸国際大付 ベスト4:大阪桐蔭、滋賀学園 ベスト8:智辯学園、上宮太子、高田商業、報徳学園

選抜一般選考枠:7 ※履正社が明治神宮大会で優勝したため1枠増加
当確:履正社、神戸国際大付、大阪桐蔭、滋賀学園
当落線上:智辯学園、報徳学園、高田商業、上宮太子

私の予想:履正社、神戸国際大付、大阪桐蔭、滋賀学園、智辯学園、報徳学園、高田商業

高校野球秋季近畿大会2016の組み合わせと結果

 

一般選考枠7の近畿地区はベスト4以上の4校は当確。

ベスト8からは地域性・成績を考えても智辯学園、報徳学園が有力。

 

そしてもう1校は奈良の高田商業になりそうです。

一般選考枠は同一都道府県から3校以上選出できないルールがあります。(東京のみ明治神宮大会枠での3校出場が可能)

履正社、大阪桐蔭の大阪勢2校が当確なため、内規では上宮太子の一般枠での選出が不可能です。

この秋、唯一履正社に勝利したチームなので甲子園でも見たいですが…。

ただ、21世紀枠での選出の可能性は一応あります。

21世紀枠の予想と有力候補を紹介!【選抜高校野球2017】

 

中国地区

中国大会
優勝:宇部鴻城 準優勝:市立呉 ベスト4:創志学園、鳥取城北

選抜一般選考枠:2or3
当確:宇部鴻城、市立呉
当落線上:創志学園、鳥取城北

私の予想:宇部鴻城、市立呉、創志学園

 

宇部鴻城、市立呉の選出は当確。

四国3位との比較対象となる中国3位は創志学園と鳥取城北で甲乙付け難い状況。

 

試合内容的には優勝した宇部鴻城と1点差のゲームを演じた創志学園が有利。

ただ、宇部鴻城と市立呉がともに山陽のチームなので地域性の観点では山陰の鳥取城北が有利にあります。

高校野球秋季中国大会2016の組み合わせと結果

 

四国地区

四国大会
優勝:明徳義塾 準優勝:帝京第五 ベスト4:英明、済美

選抜一般選考枠:2or3
当確:明徳義塾、帝京第五
当落線上:英明、済美

私の予想:明徳義塾、帝京第五

 

明徳義塾、帝京第五の出場はほぼ決まり。

中国3位との比較になる四国3位は英明になると思います。

 

済美は準決勝の明徳義塾戦でのコールド負け、同県の帝京第五に当確ランプが灯っているので厳しいでしょう。

高校野球秋季四国大会2016の組み合わせと結果

 

九州地区

九州大会
優勝:福岡大大濠、準優勝:東海大福岡、ベスト4:秀岳館、熊本工業

選抜一般選考枠:4
当確:福岡大大濠、東海大福岡
当落線上:秀岳館、熊本工業、れいめい

私の予想:福岡大大濠、東海大福岡、秀岳館、熊本工業

 

九州地区は例年ベスト4の4校が選抜に出場しています。

ただ、今年は福岡2校、熊本2校と地域に偏りが出ています。

 

福岡勢2校は当確。

成績だけを考慮すれば熊本勢2校も当確ですが、地域性も考慮すれば残りの2枠は秀岳館、熊本工業、れいめい(鹿児島)で争われそうです。

 

れいめいは準々決勝の東海大福岡戦で1点差の接戦。
一方、秀岳館は準決勝で福岡大大濠に0-5で敗れておりこのあたりの影響がどう出るか。

 

熊本工業は県決勝で秀岳館に敗れていますが東海大福岡との準決勝が接戦だっただけに一歩リードと言えそうです。

 

個人的にはベスト4校が順当に選出されるのではないかと予想しています。

高校野球秋季九州大会2016の組み合わせと結果

 

再度、私の予想をまとめると

北海道地区:札幌第一
東北地区:仙台育英、盛岡大付属
関東地区:作新学院、東海大市原望洋、健大高崎、前橋育英
東京地区:早稲田実業、日大三
東海地区:静岡、至学館
北信越地区:福井工大福井、高岡商業
近畿地区:履正社、神戸国際大付属、大阪桐蔭、滋賀学園、智辯学園、報徳学園、高田商業
中国地区:宇部鴻城、市立呉、創志学園
四国地区:明徳義塾、帝京第五
九州地区:福岡大大濠、東海大福岡、秀岳館、熊本工業

 

正式な出場校决定は1月27日になります。

 

最後までご覧頂きありがとうございました。

明治神宮大会2016の放送予定と結果速報や組み合わせ!優勝候補は?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です