盛岡大付野球部2017メンバーと出身中学や監督を紹介!注目選手も

今回は盛岡大付属高校野球部2017メンバー・出身中学・監督・注目選手を紹介したいと思います。

 

昨年夏の甲子園はベスト16に進出。

新チームも植田選手を中心とした強力打線で上位進出を狙います。

スポンサーリンク

盛岡大付属高校野球部2017メンバーと出身中学

選抜2017登録メンバーと出身中学

背番号1 平松竜也 3年 瀬谷中(神奈川) 横浜瀬谷ボーイズ

背番号2 松田夏生 3年 久慈中

背番号3  菜花友紀 3年 平第二中(福島) いわきボーイズ

背番号4  小林由伸 3年 鶴牧中(東京) 町田ボーイズ

背番号5  大里昂生 3年 滝沢中 盛岡南シニア

背番号6  比嘉賢伸 3年 大正東中(大阪) 大正ボーイズ

背番号7  林一樹 3年 梶中(大阪) 大阪城東シニア

背番号8  植田拓 3年 貝塚第一中(大阪) 貝塚シニア

背番号9  臼井春貴 3年 下瀬谷中(神奈川) 横浜瀬谷ボーイズ

背番号10 三浦瑞樹 3年 引地台中(神奈川) 横浜瀬谷ボーイズ

背番号11 吉田颯 3年 横浜吉田中(神奈川) 中本牧シニア

背番号12 大宮海星 3年 宿戸中

背番号13 須藤颯 3年 岩崎中(神奈川) 横浜都築ボーイズ

背番号14 伊藤大智 2年 七郷中(宮城) 利府ボーイズ

背番号15 高橋朕次 2年 桑中(栃木) 小山ボーイズ

背番号16 藪内海斗 3年 太田中 箕面ボーイズ

背番号17 森俊祐 3年 赤崎中

背番号18 青木耀平 3年 間々田中(栃木) 小山ボーイズ

学年の内訳:3年生16名、2年生2名

出身地の内訳:岩手4名、神奈川5名、大阪4名、栃木2名、宮城1名、福島1名、東京1名

※大会直前にメンバー変更が行われる可能性もあります。

 

菜花友紀選手はいわきボーイズで仙台育英の佐川光明選手(背番号8)とチームメイト。

植田拓選手は貝塚シニアで帝京第五の岡元健太朗選手(背番号1)とチームメイト。

林一樹選手は城東シニアで滋賀学園の廣田怜央選手(背番号13)とチームメイト。

大里昂生選手は滝沢中学で不来方の菊池勇輝選手(背番号8)と同級生でした。

 

監督

関口清治監督は選手時代、盛岡大付属でプレー。

1995年に正捕手として同校初の甲子園出場に貢献。

東北福祉大に進学した後、母校のコーチ、部長を歴任。

そして2008年から監督に就任し、2012年の選手権予選決勝では大谷翔平投手を攻略し甲子園出場を決めました。

守れることを前提に打ち勝つ野球が信条。

雪で守備練習が出来ない冬は多くの時間を打撃練習に費やしています。

ちなみにこれまで伊東昂大投手(元広島)、松本裕樹投手(ソフトバンク)などを育てて来ました。

スポンサーリンク

盛岡大付属高校の注目選手は?

ここからは盛岡大付属高校の注目選手を紹介したいと思います。

 

注目選手① 植田拓

高校通算35本塁打を放つ右の強打者。

昨年の甲子園では髙田萌生投手(巨人)から本塁打を放つなど自慢の長打力で観客を沸かせました。

しかし、パワーだけに限らず50m5秒9の俊足でもあります。

その足を評価され秋季東北大会では1番バッターに抜擢。

そこで2本塁打を放つなど脅威の1番打者として相手にプレッシャーを与えました。

甲子園で活躍したことが自信に繋がっているように見えます。

 

注目選手② 平松竜也

最速144キロの本格派右腕。

スライダーのキレも魅力です。

東北大会からエースナンバーを背負うと防御率1.73の安定感で準優勝に貢献。

その投球に関口監督も太鼓判を押します。

また後ろには三浦投手が控え、盤石の投手陣です。

 

こちらのページと出場校紹介と戦力分析をしています。

選抜高校野球2017出場校評価と戦力分析!優勝候補も紹介!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です