仙台育英野球部2017メンバーと出身中学や監督!注目選手も

今回は仙台育英高校野球部2017メンバー・出身中学・監督・注目選手を紹介したいと思います。

 

全国屈指の好左腕・長谷川投手を擁し2015年夏以来の優勝を目指します。

スポンサーリンク

仙台育英高校野球部2017メンバーと出身中学

選抜2017登録メンバーと出身中学

背番号1 長谷川拓帆 3年 桜中(秋田)

背番号2 尾崎拓海 3年 保谷中(東京) 調布シニア

背番号3 前田颯太 3年 大沢中

背番号4 斎藤育輝 3年 仙台育英秀光中

背番号5 鈴木佳祐 2年 仙台育英秀光中

背番号6 西巻賢二 3年 仙台育英秀光中

背番号7 小川拓馬 3年 大野中(神奈川) 湘南ポニー

背番号8 佐川光明 3年 泉中(福島) いわきボーイズ

背番号9 山田利輝 3年 南吉成中 仙台東部シニア

背番号10 前武當大斗 3年 石田中(沖縄)

背番号11 佐藤令央 3年 仙台育英秀光中

背番号12 渡部夏史 3年 仙台育英秀光中

背番号13 髙橋愛斗 3年 玉浦中

背番号14 阿部大夢 2年 仙台育英秀光中

背番号15 若山壮樹 3年 大沢中 仙台北部シニア

背番号16 馬目郁也 3年 磐崎中(福島) いわきシニア

背番号17 杉山拓海 3年 仙台育英秀光中

背番号18 船木颯真 3年 郡山中 東北シニア

学年の内訳:3年生16名、2年生2名

出身地の内訳:宮城12名、福島2名、秋田1名、東京1名、神奈川1名、沖縄1名

※大会直前にメンバー変更が行われる可能性もあります。

 

尾崎拓海選手は調布シニアで早稲田実業の清宮幸太郎選手、小西優喜選手、西田燎太選手らとチームメイトでした

 

監督

佐々木順一朗(選手歴:東北高校→早稲田大学→NTT東北)

東北高校ではエースとして2度の甲子園に出場。

2年夏の選手権ではベスト8に進出しました。

その後、大学・社会人野球を経て1993年に仙台育英高校野球部のコーチに。

更に2年後の1995年に監督に就任し、これまで佐藤由規(ヤクルト)、橋本到(巨人)、上林誠知(ソフトバンク)、佐藤世那(オリックス)、平沢大河(ロッテ)といった選手達を指導してきました。

選手に練習メニューを考えさせるなど選手の自主性を大切にしている監督で、私学の名門校でありながら選手を勧誘しないことでも有名です。

2001年の選抜、2015年の夏は全国制覇まであと一歩に迫るものの惜しくも準優勝。

今年こそ同校初のそして東北勢初の甲子園優勝を狙います。

[ad#co-1]

仙台育英高校の注目選手は?

ここからは仙台育英高校の注目選手を紹介したいと思います。

 

注目選手① 西巻賢二

平沢大河(ロッテ)がつけた背番号6を受け継ぐ遊撃手。

1年夏からベンチ入りを果たし、代打で出場した甲子園決勝では小笠原慎之介選手(中日)から安打を放ち甲子園を沸かせました。

走攻守三拍子揃った選手で特に強肩を活かした守備は魅力的です。

リリーフ投手としてマウンドに上がることも度々あり、野球センスの高さを伺わせます。

また中学時代はキャプテンとして全国大会優勝を経験。

その経験もあってか新チームではキャプテンを任されています。

 

注目選手② 長谷川拓帆

東北ナンバーワン投手とも評される好左腕。

140キロ超のストレートとキレのあるスライダー、スプリットを軸に打者を打ち取ります。

秋季宮城県大会では24回を無失点、続く東北大会では31回を3失点で優勝するなどその安定感は抜群です。

明治神宮大会では履正社を相手に6回3安打3失点と力投したものの、8四死球を与えるなど課題も残しました。

ただ、強力打線を3安打に封じ込めたその能力に疑いはなく、制球力に磨きがかかればいよいよ手を付けられない投手になりそうです。

ちなみに中学時代は中学の軟式野球部に所属。

エースとして全国大会にも出場しています。

 

最後までご覧頂きありがとうございました。

【関連記事】

選抜高校野球2017出場校評価と戦力分析!優勝候補も紹介!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です