選抜高校野球2017出場校評価と戦力分析!優勝候補も紹介!

3月19日から開幕する第89回選抜高校野球大会。

 

好投手の多かった昨年とは打って変わって今大会は注目の好打者が各チームに多くいます。

 

今回は選抜高校野球2017の出場校評価と戦力分析をしたいと思います。

優勝候補もまとめました。

スポンサーリンク

選抜高校野球2017出場校評価と戦力分析!

 

北海道地区代表

札幌第一
私立 2年連続2回目
試合数11 チーム打率.388 本塁打3 盗塁14 防御率3.13 失策12

投手力★★★☆☆
打撃力★★★★☆
守備力★★★☆☆
機動力★★★☆☆

打撃陣は旧チームからレギュラーの高階選手、宮澤選手らが中心でチーム打率は出場チームトップです。

北海道大会5試合で47得点を上げ2試合でコールド勝ちと好調でした。

一方、投手陣は選抜のマウンドを経験した冨樫、前田の左腕2枚看板が軸です。

札幌第一野球部2017メンバーと出身中学や監督を紹介!注目選手も

 

東北地区代表

仙台育英
宮城 私立 2年ぶり12回目
試合数13 チーム打率.309 本塁打1 盗塁20 防御率1.14 失策11

投手力★★★★☆
打撃力★★★☆☆
守備力★★★☆☆
機動力★★★☆☆

投手陣は今大会ナンバーワン左腕の呼び声もある長谷川投手が柱。

安定感抜群で防御率は出場選手唯一の0点台でした。

後ろには佐藤世那投手(オリックス)の弟・佐藤怜央投手、二刀流・西巻投手らが控え層は厚いです。

打線も西巻選手、佐川選手ら好打者が多く打線に切れ目がありません。

ただ、攻守の要・尾崎捕手の怪我の影響が不安材料です。

仙台育英野球部2017メンバーと出身中学や監督!注目選手も

 

盛岡大付属
岩手 私立 4年ぶり4回目
試合数10 チーム打率.337 本塁打4 盗塁14 防御率1.80 失策9

投手力★★★☆☆
打撃力★★★★☆
守備力★★★☆☆
機動力★★★☆☆

昨年夏の甲子園では好投手・髙田萌生(巨人)擁する創志学園を相手に14安打11得点を上げ強力打線を印象づけました。

新チームでも強力打線は健在で髙田投手から本塁打を放った植田選手を中心に打ち出したら止まらない勢いがあります。

また新チームでは走塁にも力を入れており足を絡めた攻撃で得点を狙います。

投手陣は昨年の甲子園を経験した技巧派左腕・三浦投手、最速144キロ右腕の平松投手の2枚看板が軸。

秋季東北大会決勝で4失策を喫した課題の守備を克服できれば上位進出も十分狙える好チームです。

盛岡大付野球部2017メンバーと出身中学や監督を紹介!注目選手も

 

不来方 
岩手 県立 初出場 21世紀枠 ※21世紀枠
試合数9 チーム打率.273 本塁打0 盗塁11 防御率3.00 失策6

投手力★★☆☆☆
打撃力★★☆☆☆
守備力★★☆☆☆
機動力★★☆☆☆

練習時間の大半を打撃練習に使っており、打ち勝つ野球が信条。

エースで4番の小比類巻選手が投打の柱。

高打率を残したリードオフマン鷹觜選手の出塁が鍵を握りそうです。

 

関東・東京地区代表

作新学院
栃木 私立 5年ぶり10回目
試合数10 チーム打率.296 本塁打3 盗塁24 防御率1.76 失策12

投手力★★★★☆
打撃力★★★★☆
守備力★★★★☆
機動力★★★★☆

昨年の優勝を経験したのはベンチ入りした添田選手、鈴木選手のみで一からのスタートとなりましたが、大関投手を中心とした堅い守備で秋季関東大会を制覇。

打線も1番鈴木選手、2番添田選手の出塁率が高く得点力があります。

また秋季県大会では6試合で17盗塁を決め機動力も兼ね備えています。

夏王者の重圧をはねのけどこまで勝ち上がるか楽しみなチームです。

作新学院野球部2017メンバーと出身中学や監督!注目選手も

 

東海大市原望洋
千葉 私立 7年ぶり2回目
試合数14 チーム打率.359 本塁打3 盗塁33 防御率1.91 失策9

投手力★★★★☆
打撃力★★★★☆
守備力★★★★☆
機動力★★★★☆

最速147キロ右腕・金久保投手が投打の柱で彼を中心とした堅い守備が持ち味。

打線も荒川選手、金久保選手、塚本選手らが勝負強さを発揮し得点力があります。

また7番の樋口選手は打率.511という好成績を残しており下位打線でも得点を期待出来ます。

 

前橋育英
群馬 私立 6年ぶり2回目
試合数9 チーム打率.341 本塁打7 盗塁18 防御率1.77 失策12

投手力★★★★☆
打撃力★★★★☆
守備力★★★☆☆
機動力★★★★☆

今年の前橋育英は四本柱(吉沢、皆川、丸山、根岸)とも言われる投手陣の層の厚さが魅力。

中でも丸山投手はリリーフ投手として快投を見せた好左腕。

関東大会3試合15イニングを無失点で切り抜けチームに流れを呼びました。

また野手としても走攻守三拍子揃った選手でプロも注目する逸材です。

一方、守備は関東大会でミスが再三見受けられ課題を残しました。

冬を越え伝統の攻撃的守備を見せられるか注目です。

前橋育英野球部2017メンバーと出身中学や監督!注目選手も

 

健大高崎
群馬 私立 2年ぶり3回目
試合数8 チーム打率3.07 本塁打1 盗塁26 防御率1.62 失策4

投手力★★★☆☆
打撃力★★★☆☆
守備力★★★★★
機動力★★★★★

チームカラーの「機動破壊」は健在で次の塁を狙う積極走塁でチャンスを量産。

特に1番湯浅・2番小野寺の快速コンビには注目です。

また上位に好打者が揃い大量得点も期待できます。

投手陣は伊藤投手を柱に継投でゲームを作ります。

健大高崎野球部2017メンバーと出身中学や監督!注目選手も

 

早稲田実業
東京 私立 4年ぶり21回目
試合数11 チーム打率.363 本塁打9 盗塁16 防御率3.00 失策9

投手力★★★☆☆
打撃力★★★★★
守備力★★★★☆
機動力★★★☆☆

清宮選手、野村選手ら超高校級の打者が揃い、下位打線からでも得点を奪える怖さがあります。

課題と言われる投手陣の奮起に期待です。

早稲田実業野球部2017メンバーと出身中学や監督!注目選手も

 

日大三
東京 私立 6年ぶり19回目
試合数8 チーム打率.347 本塁打15 盗塁12 防御率1.91 失策2

投手力★★★★☆
打撃力★★★★★
守備力★★★★★
機動力★★★☆☆

プロ注目のスラッガー・金成選手を軸に伝統の強力打線は健在。

投手陣は清宮選手から5打席連続三振を奪った櫻井投手が中心。

最速144キロのストレートとキレのあるスライダーが武器です。

その櫻井投手を失策わずか2の守備陣が支えます。

日大三高野球部2017メンバーと出身中学や監督を紹介!注目選手も

 

北信越地区代表

福井工大福井
福井 私立 2年連続5回目
試合数10 チーム打率.342 本塁打5 盗塁9 防御率3.67 失策7

投手力★★★☆☆
打撃力★★★★☆
守備力★★★★☆
機動力★★★☆☆

打線は昨年の選抜を経験した北川選手、山内選手ら勝負強い打者が揃います。

投手陣はエース摺石投手、加藤投手、氏家投手らの力投に期待。

守備は失策も少なく安定しています。

福井工大福井野球部2017メンバーと出身中学や監督!注目選手も

 

高岡商業
富山 県立 7年ぶり5回目
試合数9 チーム打率.365 本塁打0 盗塁9 防御率2.47 失策8

投手力★★★☆☆
打撃力★★★☆☆
守備力★★★☆☆
機動力★★★☆☆

北信越大会では日本文理との乱打戦を制するなど打線は強力。

本塁打はないものの、チーム打率.371を残しスタメン選手の7名が3割5分以上の打率を残しました。

投手陣は土合・伏見両投手が北信越大会で完封。

更に最速143キロ左腕の1年生山田投手が台頭し層は厚いです。

高岡商業野球部2017メンバーと出身中学や監督を紹介!注目選手も

 

東海地区代表

静岡
静岡 県立 2年ぶり16回目
試合数14 チーム打率.325 本塁打1 盗塁21 防御率1.77 失策9

投手力★★★★☆
打撃力★★★☆☆
守備力★★★★☆
機動力★★★★☆

プロ注目のエース池谷投手は最速144キロの好左腕。

カットボール、スライダーなど変化球のキレも抜群で秋季大会は1試合平均10奪三振。

後ろにはU-15日本代表としてワールドカップに出場した経験をもつ竹内投手が控え盤石です。

打線は東海大会2試合でコールド勝ちしており下位打線にも力があります。

静岡高校野球部2017メンバーと出身中学や監督!注目選手も

 

至学館
愛知 私立 初出場
試合数16 チーム打率.299 本塁打7 盗塁25 防御率1.81 失策14

投手力★★★☆☆
打撃力★★★☆☆
守備力★★★☆☆
機動力★★★★☆

変則左腕川口投手は左打者に滅法強く、新美投手は多彩な変化球が持ち味。

打線は定塚選手、藤原連太郎選手、鎌倉選手ら上位打線で得点を奪いたいところです。

粘り強く接戦に強いチームなだけに終盤勝負に持ち込めば勝つ可能性も高まると思います。

至学館野球部2017メンバーと出身中学や監督!注目選手も

 

多治見
岐阜 県立 初出場 ※21世紀枠
試合数11 チーム打率.294 本塁打0 盗塁14 防御率1.44 失策11

投手力★★☆☆☆
打撃力★★☆☆☆
守備力★★☆☆☆
機動力★★☆☆☆

岐阜大会優勝、そして東海大会では至学館と互角の試合を演じた好チーム。

エース河地投手を中心とした守りの野球が持ち味。

ただ、秋季大会では失策が多かったのでどこまで修正出来ているか注目です。

多治見高校野球部2017のメンバーと出身中学や監督!注目選手も

 

近畿地区代表

履正社
大阪 私立 3年ぶり7回目
試合数16 チーム打率.358 本塁打15 盗塁10 防御率2.41 失策18

投手力★★★★☆
打撃力★★★★★
守備力★★★★☆
機動力★★★☆☆

旧チームで夏の甲子園を経験した安田尚憲選手、若林将平選手らを軸とした強力打線が持ち味。

特に安田選手は高校通算44本塁打を誇り、清宮選手に負けず劣らずの左の強打者です。

近畿大会は4試合で29得点を上げました。

投手陣はエース竹田投手が防御率1.87の安定感。

その他、松井投手、田中投手らが控え投手層は厚いです。

履正社野球部2017メンバーと出身中学や監督!注目選手も

 

大阪桐蔭
大阪 私立 3年連続9回目
試合数10 チーム打率.365 本塁打7 盗塁17 防御率2.57 失策6

投手力★★★★☆
打撃力★★★★★
守備力★★★★★
機動力★★★★☆

スタメンの大半が2年生という若いチームです。

投手陣は最速145キロのノビのあるストレートが武器の徳山壮磨投手が中心。

後ろには香川投手、根尾投手、横川投手ら140キロ台投手が3人控えており盤石の体制です。

打線も例年通りパンチ力のある打者が揃います。

また守備も鍛え上げられており近畿大会3試合は無失策でした。

大阪桐蔭野球部2017メンバーと出身中学や監督!注目選手も

 

滋賀学園
滋賀 私立 2年連続2回目
8試合 チーム打率.328 本塁打5 盗塁8 防御率1.88 失策6

投手力★★★★☆
打撃力★★★★☆
守備力★★★★☆
機動力★★★☆☆

投打に総合力が高く昨年のベスト8以上の成績も十分狙えるチーム。

投手陣は昨年甲子園で躍動した神村投手に加え、棚原投手も成長。

近畿大会では報徳学園戦で完封しており2枚看板と言えそうです。

打線は突出した選手はいませんが上位から下位まで好打者が揃います。

滋賀学園野球部2017メンバーと出身中学や監督!注目選手も

 

智弁学園
奈良 私立 2年連続11回目
試合数7 チーム打率.348 本塁打7 盗塁21 防御率2.64 失策9

投手力★★★☆☆
打撃力★★★★☆
守備力★★★☆☆
機動力★★★★☆

打線は太田選手、福元選手ら選抜優勝メンバーが残り強力。

特に福元選手は1番打者として12安打(打率.500)8四死球をマークするなど高い出塁率が魅力です。

エース松本投手は内角を強気に攻める投球が持ち味です。

左腕・岩井投手との2枚看板で春連覇を狙います。

智弁学園野球部2017メンバーと出身中学や監督!注目選手も

 

高田商業
奈良 県立 23年ぶり3回目
試合数8 チーム打率.290 本塁打2 盗塁26 防御率3.28 失策12

投手力★★★☆☆
打撃力★★☆☆☆
守備力★★★☆☆
機動力★★★★☆

近畿大会は9回4点差を追いつき競り勝つなど粘り強さがあります。

エース古川投手は制球力抜群の好左腕。

投球回数と同じ61三振を奪っています。

打線は機動力があり1番中尾選手は9盗塁をマークしています。

高田商業野球部2017メンバーと出身中学や背番号!注目選手も

 

報徳学園
兵庫 私立 3年ぶり21回目
試合数11 チーム打率.337 本塁打4 盗塁20 防御率2.07 失策12

投手力★★★☆☆
打撃力★★★☆☆
守備力★★★☆☆
機動力★★★★☆

1番小園選手は走攻守三拍子揃った注目の2年生。

高い出塁率でチャンスメイクします。

長身右腕のエース西垣投手は制球力に定評があります。

名将・永田監督最後の指揮で2002年以来の優勝なるか注目です。

報徳学園野球部2017メンバーと出身中学や監督を紹介!注目選手も

 

神戸国際大附属
兵庫 私立 7年ぶり4回目
試合数12 チーム打率.377 本塁打9 盗塁5 防御率1.73 失策5

投手力★★★★☆
打撃力★★★★☆
守備力★★★★★
機動力★★★☆☆

投打に総合力の高いチームです。

プロ注目の猪田選手は強肩強打の捕手。

積極的なスイングは迫力満点です。

投手陣は黒田投手、岡野投手の2枚看板。

黒田投手はピンチでも動じないマウンド度胸を備えています。

神戸国際大付属野球部2017メンバーと出身中学や監督!注目選手も

スポンサーリンク

四国地区代表

帝京第五
愛媛 私立 48年ぶり2回目
試合数10 チーム打率..347 本塁打1 盗塁27 防御率2.29 失策7

投手力★★★☆☆
打撃力★★★☆☆
守備力★★★★☆
機動力★★★★☆

投手陣はエース岡元投手、高橋投手が柱。

ただ、四国大会決勝の明徳義塾戦は四死球から大量得点を許すなど課題も残しました。

打線は高松商業戦で7得点を上げるなど勢いに乗れば怖さがあります。

また1試合平均の犠打飛は出場チームトップです。

そして2番宮下選手は出場選手最多の10盗塁を決めており機動力があります。

帝京第五野球部2017メンバーと出身中学や監督!注目選手も

 

明徳義塾
高知 私立 2年連続17回目
試合数10 チーム打率.366 本塁打3 盗塁15 防御率1.11 失策8

投手力★★★★☆
打撃力★★★★☆
守備力★★★★☆
機動力★★★★☆

四国大会は1年生エース北本投手が躍動。

全試合で先発し5失点と安定感がありました。

打線も長打力が魅力の4番西浦選手を中心に36得点を奪い厚みがあります。

明徳義塾野球部2017メンバーと出身中学や監督を紹介!注目選手も

 

中村
高知 県立 40年ぶり2回目 ※21世紀枠
試合数6 チーム打率.271 本塁打0 盗塁4 防御率1.40 失策8

投手力★★★☆☆
打撃力★★☆☆☆
守備力★★☆☆☆
機動力★★☆☆☆

21世紀枠ながら高知、土佐、明徳義塾の私学3強に勝利した実力校です。

エース北原投手の粘り強い投球に注目です。

中村高校野球部2017メンバーと出身中学や監督!注目選手も

 

中国地区代表

宇部鴻城
山口 私立 2年ぶり3回目
試合数10 チーム打率.333 本塁打1 盗塁13 防御率2.21 失策12

投手力★★★☆☆
打撃力★★★★☆
守備力★★★☆☆
機動力★★★☆☆

チームの中心は4番ショートの嶋谷選手。

攻守にハイレベルな選手で軽快なグラブ捌き、スローイングは必見です。

エース早稲田投手は最速138キロの好左腕です。

宇部鴻城野球部2017メンバーと出身中学や監督!注目選手も

 

市立呉
広島 市立 初出場
試合数11 チーム打率.294 本塁打0 盗塁16 防御率3.58 失策8

投手力★★★☆☆
打撃力★★☆☆☆
守備力★★★☆☆
機動力★★★★☆

打線は長打力はないもの足やバントを絡め抜け目のない攻撃が印象的です。

投手陣はエース池田投手がどこまで踏ん張れるかが鍵になります。

市立呉高校野球部2017のメンバーと出身中学や監督!注目選手も

 

創志学園
岡山 私立 2年連続3回目
試合数11 チーム打率.342 本塁打2 盗塁19 防御率1.45 失策9

投手力★★★★☆
打撃力★★★★☆
守備力★★★☆☆
機動力★★★☆☆

旧チームから主力の難波選手が投打の柱。

投手としては多彩な変化球と正確なコントロールで安定感抜群。

打者としてはミート技術の高さに定評がありプロも注目しています。

創志学園野球部2017のメンバーと出身中学や監督!注目選手も

 

九州地区代表

福大大濠
福岡 私立 26年ぶり4回目
試合数13 チーム打率.349 本塁打4 盗塁8 防御率1.64 失策8

投手力★★★★★
打撃力★★★★☆
守備力★★★★☆
機動力★★★☆☆

エース三浦投手は完成度が高く安定感抜群。

秋季大会は計6度の完封勝利。
その内3度は九州大会で上げており、鹿児島実業、秀岳館を相手に完璧な投球を披露しました。

打線は旧チームからレギュラーの東選手、古賀選手らが中心。

特に古賀選手は高校通算41本塁打でパンチ力があります。

福大大濠野球部2017メンバーと出身中学や監督!注目選手も

 

東海大福岡
福岡 私立 32年ぶり2回目
試合数12 チーム打率.277 本塁打1 盗塁6 防御率2.10 失策16

投手力★★★★☆
打撃力★★★☆☆
守備力★★★☆☆
機動力★★★☆☆

技巧派サイドスロー安田投手が投手陣の柱。

九州大会を一人で投げ抜いたタフネスでコントロール、テンポも抜群です。

その安田投手を支える北川捕手の巧みなリードにも注目です。

東海大福岡野球部2017メンバーと出身中学や監督!注目選手も

 

秀岳館
熊本 私立 2年連続3回目
試合数9 チーム打率.366 本塁打4 盗塁21 防御率0.93 失策8

投手力★★★★☆
打撃力★★★★★
守備力★★★★☆
機動力★★★★☆

田浦投手、川端投手、廣部選手、木本選手ら甲子園ベスト4メンバーが残り投打に総合力の高いチーム。

昨年のベスト4以上を十分狙えるチームです。

秀岳館野球部2017メンバーと出身中学や監督!注目選手も

 

熊本工業
熊本 県立 10年ぶり21回目
試合数9 チーム打率.269 本塁打0 盗塁21 防御率2.03 失策4

投手力★★★★☆
打撃力★★★☆☆
守備力★★★★★
機動力★★★★☆

エースは大物感が漂う山口投手。

最速149キロの速球が持ち味の右の本格派です。

課題のコントロールに磨きがかかれば大会の主役になる可能性を秘めます。

また守備陣は非常に安定しています。

熊本工業野球部2017メンバーと出身中学や監督!注目選手も

 

選抜高校野球2017優勝候補は?

今年の選抜は東海大市原望洋、早稲田実業、日大三、履正社、大阪桐蔭、明徳義塾、福大大濠、秀岳館この辺りが優勝候補筆頭と言われています。

 

春は投手力とよく言われますが、各チームに好打者が揃い「打高投低」とも言える今大会は過去の例にはあまり当てはまらない展開になる可能性も考えられます。

 

そういった意味では例え投手陣が崩れてもビッグイニングで逆転できる早稲田実業、日大三、履正社といった強力打線を擁するチームが本命なのかなと思います。

 

ただ、長谷川投手(仙台育英)、金久保投手(東海大市原望洋)、池谷投手(静岡)、三浦投手(福大大濠)といった好投手の更なる成長次第では相手の強力打線を封じ込める可能性もあり楽しみな存在です。

 

最後までご覧頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です