作新学院野球部2017メンバーと出身中学や監督!注目選手も

今回は作新学院高校野球部2017メンバー・出身中学・監督・注目選手を紹介したいと思います。

 

昨年は今井達也投手(現西武ライオンズ)を擁し甲子園優勝。

当時の優勝メンバーに現3年生は2人しかおらず経験不足は否めませんでしたが、試合を重ねるごとに成長し関東大会制覇を果たしました。

 

今井投手のような絶対的存在がいない分、チームワークで史上5校目の夏春連覇を狙います。

スポンサーリンク

作新学院高校野球部2017メンバーと出身中学

選抜高校野球2017登録メンバーと出身中学

背番号1  大関秀太郎 3年 陽南中 上三川ボーイズ

背番号2  加藤翼 3年 今市中 県央宇都宮ボーイズ

背番号3  七井祐吏 3年 芳賀中

背番号4  添田真聖 3年 今市中 栃木下野シニア

背番号5  中島淳 3年    高南中(群馬)     前橋シニア

背番号6  池沢快斗 3年 古里中

背番号7  大久保湧史 3年 大沢中 県央宇都宮ボーイズ

背番号8  鈴木萌斗 3年  旭中 宇都宮シニア

背番号9  相原光星 3年 清原中 鹿沼ボーイズ

背番号10 篠原聖弥 3年 鹿沼東中 鹿沼ボーイズ

背番号11 高山陽成 2年 西那須野中

背番号12 磯一輝 2年   明治中

背番号13 宇井 健人 3年 北押原中

背番号14 石戸智也 3年 雀宮中 県央宇都宮ボーイズ

背番号15 菅野竜希 2年 日光中 鹿沼ボーイズ

背番号16 小田桐大 2年 陽南中 上三川ボーイズ

背番号17 染谷凜太郎 3年 陽西中

背番号18 中嶋 祐太 3年 陽西中

学年の内訳:3年生14名、2年生4名

出身地の内訳:栃木17名、群馬1名

※大会直前にメンバー変更が行われる可能性もあります。

選抜高校野球2017出場校評価と戦力分析!優勝候補も紹介!

監督

小針崇宏(作新学院→筑波大学)

選手時代、二塁手として選抜に出場しベスト8進出に貢献。

2006年に母校・作新学院の監督に就任すると2009年に31年ぶりの夏の甲子園出場に導きました。

その後、2011年から夏の選手権栃木大会を6連覇。

そして昨年、今井達也投手(西武)を擁し、54年ぶりの甲子園優勝を果たしました。

スポンサーリンク

作新学院高校の注目選手

ここからは作新学院高校の注目選手を紹介したいと思います。

 

注目選手① 大関秀太郎

今井投手からエースナンバーを受け継いだ左腕。

今井投手のような本格派タイプではなく、しっかりとコーナーを突く制球力が持ち味の技巧派左腕という印象です。

130キロ台のストレートとスライダー、カーブ、チェンジアップを駆使して打者を打ち取ります。

関東大会では防御率0.52の安定感を見せるなどしっかりゲームを作れることも魅力です。

 

注目選手② 鈴木萌斗

1年秋からベンチ入りすると昨年の甲子園は途中出場ながら攻守に渡る活躍が印象に残りました。

特に状況判断力に優れ、相手の隙を見逃さない積極的な走塁は必見。

足を活かした守備範囲の広さも魅力的です。

新チームでは1番打者として秋季大会全試合で複数出塁を果たしました。

甲子園でも鈴木選手のチャンスメイクが鍵を握りそうです。

 

注目選手③ 添田真聖

鈴木選手と共に甲子園優勝を経験した選手。

新チームからは主将を務めています。

秋季大会では2番打者としてチーム最多の.390の打率をマーク。

特に関東大会では毎試合複数安打を放つなど絶好調でした。

甲子園でも鈴木選手、添田選手の1,2番コンビでに注目です。

 

最後までご覧頂きありがとうございました。

【関連記事】

早稲田実業野球部2017メンバーと出身中学や監督!注目選手も

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です