早稲田実業野球部2017メンバーと出身中学や監督!注目選手も

今回は早稲田実業高校野球部2017メンバー・出身中学・監督・注目選手を紹介したいと思います。

 

清宮幸太郎選手、野村大樹選手といった好打者を擁した打線は全国屈指。

目指すは60年ぶりの選抜制覇です。

スポンサーリンク

早稲田実業高校野球部2017メンバーと出身中学や監督

選抜高校野球2017登録メンバーと出身中学

背番号1 服部雅生 2年 立川第五中 福生シニア

背番号2 雪山幹太 1年 平野中(兵庫) 神戸中央シニア

背番号3 清宮幸太郎 2年 早稲田実業中等部 調布シニア

背番号4 橘内俊治 2年 松沢中 世田谷南ボーイズ

背番号5 野村大樹 1年 同志社中(京都) 大阪福島シニア

背番号6 白井康  2年 岡北中(岡山)

背番号7 福本翔  2年 新座第二中(埼玉) 富士見シニア

背番号8 西田燎太 2年 早稲田実業中等部 調布シニア

背番号9 成田璃央 2年 埼玉大学付属中(埼玉) 川口シニア

背番号10 赤嶺大哉 1年 上山中(沖縄) 大矢ベースボールクラブ

背番号11 小野寺 広樹 2年 早稲田実業中等部

背番号12 高橋 弘大 2年 豊里中(茨城) つくば学園ボーイズ

背番号13 須能 浩太郎 2年 水戸第五中(茨城) 友部シニア

背番号14 小西 優喜 2年 神代中 調布シニア

背番号15 野田 優人 1年 早稲田実業中等部

背番号16 石井 豪 1年 八千代中(千葉) 千葉市シニア

背番号17 池田 徹 1年 平戸中(神奈川) 横浜青葉シニア

背番号18 中川広渡 1年 下京中(京都) 枚方ボーイズ

背番号19 横山優斗 1年 鎌ケ谷第三中(千葉) 八千代中央シニア

背番号20 板谷竜太 1年 天沼中 板橋シニア

学年の内訳:3年生9名、2年生9名

出身地の内訳:東京10名、千葉2名、埼玉2名、京都2名、神奈川1名、兵庫1名

※大会直前にメンバー変更が行われる可能性もあります。

監督

和泉実(早稲田実業→早稲田大学)

和泉監督は選手時代、早稲田実業の正捕手として春夏ともに甲子園出場。

早稲田大学に進学した後、一般企業に就職しましたが、1984年に南陽工業(山口県)の監督に就任しました。

そして1992年に母校・早稲田実業の監督に就任し現在に至ります。

これまで斎藤佑樹(日本ハム)、重信慎之介(巨人)といった選手を指導。

甲子園には春夏合わせて6回出場していますが、そのうちベスト8以上が4回もあり出場すれば高確率で上位進出を果たしています。(優勝が1回、ベスト4が1回、ベスト8が2回)

[ad#co-1]

早稲田実業高校の注目選手は?

ここからは早稲田実業高校の注目選手を紹介したいと思います。

 

注目選手① 清宮幸太郎

高校通算79本塁打を誇るスラッガー。

将来のスター候補として多くのプロ球団が注目しています。

規格外のパワーも然ることながらボールを捉える能力も秀逸。

1年夏の甲子園では4割以上の打率を残し、2本の本塁打を放つなど大物ぶりを発揮。

その力と技術を兼ね備えたそのバッティングに甲子園がどよめきました。

最上級生になり主将として帰ってくる甲子園の舞台でどんな活躍を見せてくれるか非常に楽しみです。

 

注目選手② 野村大樹

長打力と勝負強さが魅力のスラッガー。

清宮選手が絶対的な信頼をおいています。

東京大会決勝では清宮選手が5三振を喫する中、サヨナラホームランを含む3安打2打点の活躍で優勝に貢献しました。

中学時代キャッチャーをしていた経験から相手の配球を読む能力に長け、それが勝負強さに繋がっているのだと感じます。

好調だった秋季大会と同じバッティングが出来れば、甲子園でも必ず活躍してくれるでしょう。

 

注目選手③ 橘内俊治

秋季大会では7番打者として活躍。

チーム最高の打率.529をマークし打線に厚みをもたらしました。

また守備では二塁手としてミスの少ない堅実なプレーが見受けられます。

橘内選手の攻守に渡る活躍に注目です。

 

最後までご覧頂きありがとうございました。

【関連記事】

選抜高校野球2017出場校評価と戦力分析!優勝候補も紹介!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です