履正社野球部2017メンバーと出身中学や監督!注目選手も

今回は履正社高校野球部2017メンバー・出身中学・監督・注目選手を紹介したいと思います。

 

昨年は近畿大会、神宮大会王者に輝き甲子園では優勝候補として注目を集めています。

旧チームからレギュラーの安田選手、若林選手らを擁する大会屈指の強力打線で選抜優勝を狙います。

スポンサーリンク

履正社高校野球部2017メンバーと出身中学や監督

選抜高校野球2017登録メンバーと出身中学

背番号1 竹田祐 3年 住道中 生駒ボーイズ

背番号2 片山悠 3年 岸城中 岸和田ボーイズ

背番号3 白瀧恵汰 2年 伊丹西中(兵庫) 兵庫伊丹

背番号4 溝邉冬輝 3年 豊中第三中 兵庫伊丹

背番号5 安田尚憲 3年 豊津中 レッドスターベースボールクラブ

背番号6 西山虎太郎 2年 猪名川中(兵庫) 兵庫伊丹

背番号7 若林将平 3年 都島中 大淀ボーイズ

背番号8 筒井太成 2年 中木田中 寝屋川シニア

背番号9 石田龍史 3年 神川中(京都) 京都木津川シニア

背番号10 松井百代 3年 都島中

背番号11 田中雷大 3年 明峰中(兵庫) 兵庫川西

背番号12 溝田晃生 2年 広嶺中(兵庫) 姫路アイアンズ

背番号13 竹村慎 3年 古江台中 摂津千里丘シニア

背番号14 桑山洸樹 3年 伊丹東中(兵庫) 兵庫伊丹

背番号15 谷川天哉 2年 門真第五中 大東畷ボーイズ

背番号16 松原任耶 2年 孔舎衙中 北河内大東ボーイズ

背番号17 濱内太陽 2年 加美南中 松原ボーイズ

背番号18 美野田雄介 2年 豊中第十六中 大淀ボーイズ

学年の内訳:3年生10名、2年生8名

出身地の内訳:大阪12名、兵庫5名、京都1名

※大会直前にメンバー変更が行われる可能性もあります。

 

監督

岡田龍生(東洋大姫路→日本体育大学→鷲宮製作所)

東洋大姫路時代は1年秋からベンチ入りを果たすと3年春には選抜ベスト4進出に貢献。

その後、日本体育大学、鷲宮製作所でプレーした後、1987年に履正社高校の監督に就任します。

これまで岸田護(オリックス)、T-岡田(オリックス)、山田哲人(ヤクルト)、寺島成輝(ヤクルト)といった選手を指導してきました。

ちなみに岡田監督は中学時代、野球部とバレーボール部を兼用していました。

これは野球部の活動が週に3日しかなかったため、バレーボール部の顧問が誘ってくれたそうです。

野球部より多い週4日の練習で最終的にはキャプテンにまで登り詰めました。

かなりの運動能力の持ち主であることが良く分かるエピソードです。

スポンサーリンク

履正社高校の注目選手は?

ここからは履正社高校の注目選手を紹介したいと思います。

 

注目選手① 安田尚憲

清宮選手と並び評される西のスラッガー。

打撃力を買われ1年秋からレギュラーを獲得し、2年春からは4番打者を任されるようになりました。

そのバッティングフォーム、飛距離は筒香選手を彷彿とさせるものがあり、将来はプロ野球屈指のホームランバッターになる可能性を秘めています。

また強肩を活かしたサードの守備にも定評があり、現段階からドラフト1位指名が有力視されています。

 

注目選手② 若林将平

積極的なフルスイングが持ち味の強打者。

対応力が非常に高く状況に応じたバッティングも出来ます。

昨年の選手権予選では5割以上の打率を残し、甲子園でも山野太一(高川学園)や石川達也(横浜)といった好投手から安打を放ちました。

新チームではキャプテン、そして4番を任され、3番の安田選手にかかる負担を軽減しています。

 

注目選手③ 筒井太成

2年生ながら履正社で5番を務めるほどの打撃センスを誇ります。

秋季大会は52打数22安打19打点の活躍で若林選手に次ぐ打率.423の好成績を残しました。

昨年夏は1年生ながらベンチ入りを果たし甲子園を経験しました。

 

最後までご覧頂きありがとうございました。

【関連記事】

選抜高校野球2017出場校評価と戦力分析!優勝候補も紹介!

報徳学園野球部2017メンバーと出身中学や監督を紹介!注目選手も

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です