神戸国際大付属野球部2017メンバーと出身中学や監督!注目選手も

今回は神戸国際大付属高校野球部2017メンバー・出身中学・監督・注目選手を紹介したいと思います。

 

今年の神戸国際大付属は投打に能力の高い選手が揃っています。

特に打線は強力で秋季近畿大会の大阪桐蔭戦では9回に2本の本塁打を放ち逆転勝利。

チーム打率.377の打撃力を甲子園でも見せつけます。

スポンサーリンク

神戸国際大付属高校野球部2017メンバーと出身中学や監督

選抜高校野球2017登録メンバーと出身中学

背番号1 黒田倭人 3年 朝日中 兵庫夢前クラブ

背番号2 猪田和希 3年 瓦木中 兵庫伊丹

背番号3 荒木恵亮 3年 本多聞中

背番号4 後藤貴大 3年 藍住東中(徳島) 徳島阿南シティホープ

背番号5 森田貴 3年 松陽中

背番号6 田淵友二郎 3年 新宮中 佐用スターズ

背番号7 片岡大和 3年 新堂中(滋賀) 草津シニア

背番号8 中谷啓吾 3年 北池田中 忠岡ボーイズ

背番号9 大丸侑也 3年 飾磨東中 兵庫飾磨クラブ

背番号10 岡野佑大 3年 岩岡中 神戸中央シニア

背番号11 花村凌 3年 垂水東中

背番号12 荒邦準 3年 広野中(京都) 京都木津川シニア

背番号13 谷口嘉紀 2年 柏原中(大阪) 氷上ボーイズ

背番号14 北山凌大 3年 片山中(大阪) 大阪箕面ボーイズ

背番号15 塚本拓海 3年 飾磨南中 全播磨硬式野球団

背番号16 山内陽人 3年 東百舌鳥中(大阪) 大阪泉北ボーイズ

背番号17 十河亮介 3年 清和台中 豊中シニア

背番号18 中岡蒼裕 3年 長尾中(大阪) 堺ビッグボーイズ

学年の内訳:3年生17名、2年生1名

出身地の内訳:兵庫11名、大阪4名、徳島1名、滋賀1名、京都1名

※大会直前にメンバー変更が行われる可能性もあります。

 

猪田和希選手は兵庫伊丹で篠原翔太選手(報徳学園)、溝邊冬輝選手(履正社)とチームメイト。

後輩には白瀧恵汰選手、西山虎太郎選手(共に履正社)がいました。

片岡大和選手は草津シニアで中西亮太選手(滋賀学園)とチームメイト。

岡野佑大選手は神戸中央シニアで太田英毅選手(智弁学園)、後藤克基選手(滋賀学園)、香川麗爾選手(大阪桐蔭)とチームメイト。

山内陽人選手は大阪泉北ボーイズで北本佑斗選手(明徳義塾)とチームメイトでした。

 

監督

青木尚龍(八代学院→愛知工業大学)

※八代学院は神戸国際大学付属の前身

1990年に神戸国際大学付属の監督に就任。

兵庫の強豪校として知られる高校ですが、意外なことに夏の選手権は2014年が初めての出場。

激戦区・兵庫大会を勝ち抜くことがいかに難しいかを物語っていますね。

「団結力」・「選手とのコミュニケーション」を大切にしている監督で、選手からの信頼も厚い印象を受けます。

これまで坂口智隆(ヤクルト)、岡本健(ソフトバンク)、石岡諒太(中日)といった選手を指導してきました。

スポンサーリンク

神戸国際大付属高校の注目選手は?

ここからは神戸国際大付属高校の注目選手を紹介したいと思います。

 

注目選手① 黒田倭人

ストレートは130キロ台ですが力強さがあります。

得意のスライダーは切れ味抜群。

打者の手元で鋭く曲がる一級品のボールです。

またマウンド度胸も満点で強気なピッチングでピンチを凌ぎます。

秋季県大会決勝は15奪三振で優勝に貢献しました。

秋季近畿大会準決勝と決勝で先発した岡野投手も右の本格派として能力の高い選手です。

 

注目選手② 猪田和希

豪快なスイングと鋭い打球が持ち味の右の強打者。

秋季近畿大会では上宮太子戦で右方向へ2ラン、大阪桐蔭戦で左方向へ2ラン本塁打を放つ活躍を見せました。

昨年の夏前に急成長し、夏の選手権で背番号20ながら4番に抜擢。

5試合で打率3割の結果を残し監督の期待に応えました。

新チーム以降は捕手に挑戦。

自慢の強肩を活かしたスローイングに定評があります。

 

最後までご覧頂きありがとうございました。

【関連記事】

選抜高校野球2017出場校評価と戦力分析!優勝候補も紹介!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です