報徳学園野球部2017メンバーと出身中学や監督を紹介!注目選手も

今回は報徳学園高校野球部2017メンバーと出身中学や監督を紹介したいと思います。

 

秋季近畿大会はベスト8。

機動力を活かした野球で甲子園に挑みます。

スポンサーリンク

報徳学園高校野球部2017メンバーと出身中学や監督

選抜高校野球2017登録メンバーと出身中学

背番号1 西垣雅矢 3年 梁瀬中

背番号2 篠原翔太 3年 松崎中 兵庫伊丹

背番号3 神頭勇介 2年 本多聞中 枚方ボーイズ

背番号4 片岡心 3年 押部谷中 神戸須磨クラブ

背番号5 池上楓 3年 山科中(京都) 京都南山城ボーイズ

背番号6 小園海斗 2年 光ガ丘中 枚方ボーイズ

背番号7 岡本蒼 3年 報徳学園中

背番号8 永山裕真 3年 明峰中 池田ボーイズ

背番号9 金子将大 3年 甲武中 尼崎北シニア

背番号10 津高弘樹 3年 報徳学園中

背番号11 塩月陸斗 3年 王塚台中 兵庫神戸ボーイズ

背番号12 堀尾浩誠 2年 北条中

背番号13 細木雄斗 3年 塩屋中 神戸ドラゴンズ

背番号14 稲葉悠 2年 光明台中(大阪) 大阪南海ボーイズ

背番号15 羽渕達哉 2年 大津中 龍野ボーイズ

背番号16 糸井辰徳 2年 橋立中(京都) 京都丹後シニア

背番号17 長尾亮弥 2年 津名中

背番号18 山本燎平 3年 菫中(大阪)

学年の内訳:3年生11名、2年生7名

出身地の内訳:兵庫14名、大阪2名、京都2名

※大会直前にメンバー変更が行われる可能性もあります。

 

篠原翔太選手は兵庫伊丹で神戸国際大付属の猪田和希選手(背番号2)や履正社の溝邊冬輝選手(背番号4)、桑山洸樹選手(背番号14)とチームメイト。

1学年後輩には履正社の白瀧恵汰選手(背番号3)、西山虎太郎選手(背番号6)らがいました。

神戸国際大付属野球部2017メンバーと出身中学や監督!注目選手も

履正社野球部2017メンバーと出身中学や監督!注目選手も

神頭勇介選手、小園海斗選手は枚方ボーイズで大阪桐蔭の藤原恭大選手(背番号8)、早稲田実業の中川広渡選手(背番号10)とチームメイトでした。

大阪桐蔭野球部2017メンバーと出身中学や監督!注目選手も

監督

永田裕治(報徳学園→中京大学)

選手時代は報徳学園の外野手として活躍。

同級生のスーパースター金村義明氏とともに全国優勝を経験しました。

1990年に母校のコーチを務め、4年後に監督就任。

2002年春には大谷智久投手(ロッテ)を擁し、甲子園優勝を果たしました。

これまで春10回、夏7回の甲子園出場を誇る全国屈指の名将として名を馳せます。

しかし、今回の選抜を最後に23年間の監督生活に幕を下ろす決意を固めました。

甲子園で最後の指揮を執る永田監督の姿には注目したいと思います。

スポンサーリンク

報徳学園高校の注目選手は?

ここからは報徳学園高校の注目選手を紹介したいと思います。

 

注目選手① 西垣雅矢

キレのあるストレートとスライダー、カーブが持ち味の右腕。

182cmと長身でプロも注目する素材です。

秋季大会では2試合連続で右膝に打球を受けるもののマウンドを譲らない気持ちの強さを見せました。

また打順は下位ですがバッティングも定評がありここぞの場面でも長打が光ります。

 

注目選手② 小園海斗

走攻守三拍子揃ったプロ注目の遊撃手。

強肩を活かした軽快な守備、50m5秒8の俊足、打撃センス、どれを取っても魅力的です。

まだ線が細いのもこれからの伸び代を十分感じさせます。

昨年、夏の選手権は1年生ながら1番ショートで出場。

須磨翔風戦では阪神に入団した才木浩人投手から2安打、神戸国際大学附属戦では3安打を放つ活躍を見せました。

また横浜との練習試合では藤平尚真投手(楽天)から本塁打を放っています。

ちなみに中学時代は名門・枚方ボーイズに所属し全国大会制覇も経験。

またU-15日本代表では野村大樹選手(早稲田実業)らとともにアジアチャレンジマッチ優勝。

野村選手とは同じ宝塚市出身で小学生の頃から知り合いだそうです。

早稲田実業野球部2017メンバーと出身中学や監督!注目選手も

 

こちらのページと出場校紹介と戦力分析をしています。

選抜高校野球2017出場校評価と戦力分析!優勝候補も紹介!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です