帝京第五野球部2017メンバーと出身中学や監督!注目選手も

今回は帝京第五高校野球部2017メンバー・出身中学・監督・注目選手を紹介したいと思います。

 

機動力や小技を駆使した「スモールベースボール」で秋季四国大会準優勝。

48年ぶりの選抜出場を果たしました。

スポンサーリンク

帝京第五高校野球部2017メンバーと出身中学

選抜高校野球2017登録メンバーと出身中学

背番号1 岡元健太朗 3年 貝塚第四中(大阪) 貝塚シニア

背番号2 篠崎康 3年 城北中 宇和島ボーイズ

背番号3 今田一希 3年 津島中 B.B凌駕

背番号4 川本虎大 3年 城東中 宇和島ボーイズ

背番号5 小西隆斗 3年 平野中

背番号6 宮下勝利 3年 東淀中(大阪) 東淀川ブラックジャガーズ(軟式)

背番号7 堀内大暉 3年 紀見東中(和歌山) 和歌山北ボーイズ

背番号8 藤井清光 3年 宇和海中

背番号9 佐藤蒼介 3年 吉田中 B.B凌駕

背番号10 高橋一平 3年 音羽中(京都) 京都嵯峨野ボーイズ

背番号11 高橋謙信 2年 新居浜東中 B.B凌駕

背番号12 山本貴一 3年 港南中 B.B凌駕

背番号13 中上慎太郎 3年 とどろみの森学園中(大阪) 池田シニア

背番号14 森木蓮太 3年 東原中(広島) 広島南シニア

背番号15 河野瞬 3年 城東中 宇和島鷹クラブ

背番号16 稲葉彪 3年 大淀中(奈良) 橿原ボーイズ

背番号17 佐々木洋人 3年 城南中 宇和島ボーイズ

背番号18 金城流聖 3年 大洲南中

学年の内訳:3年生17名、2年生1名

出身地の内訳:愛媛11名、大阪3名、広島1名、奈良1名、京都1名、和歌山1名

※大会直前にメンバー変更が行われる可能性もあります。

 

監督

小林昭則監督は選手時代、帝京高校の投手として甲子園に出場。

3年春の選抜では準優勝に貢献しました。

筑波大学に進んだ後、千葉ロッテマリーンズに入団し7年間プロ野球選手としてプレー。

キレのあるシュートを武器に27試合に登板しました。

引退後は帝京高校の保健体育科教員・同校野球部の助監督として母校に戻り、中村晃(ソフトバンク)、杉谷拳士(日本ハム)、山崎康晃(横浜)といった選手を指導してきました。

その指導力が評価され、2016年4月に系列校である帝京第五の監督に就任。

就任わずか1年で甲子園出場を決めたその手腕に注目が集まります。

スポンサーリンク

帝京第五高校の注目選手は?

ここからは帝京第五高校の注目選手を紹介したいと思います。

 

注目選手① 岡元健太朗

ストレートとスライダーを軸に打たせて取る投球が持ち味の左腕。

右打者には外角に沈むシンカーを有効に使います。

四国大会は高知の岡豊、昨年選抜準優勝の高松商業を相手に連続完封勝利を上げるなど大黒柱として準優勝に貢献しました。

ちなみに貝塚シニア時代は盛岡大付属の植田拓選手とチームメイトでした。

 

注目選手② 篠崎康

4番を務める篠崎選手は選球眼に優れており、確実性を重視したバッティングが魅力です。

四国大会では打率5割の好成績を残しました。

また捕手として岡元投手を支える存在であり、強肩強打の選手としてプロも注目しています。

ちなみに叔父はロッテで捕手として活躍した橋本将さんです。

 

最後までご覧頂きありがとうございました。

【関連記事】

選抜高校野球2017出場校評価と戦力分析!優勝候補も紹介!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です